人生の好転

『1万時間の法則』は嘘じゃない!でも、スキル習得の本質は時間じゃない!

1万時間の法則ってそもそも何?』

1万時間の法則って絶対嘘だよね!?』

このような疑問にお答えします。

 

『1万時間の法則』とは

一定ラインのスキルを習得するには

「1万時間の練習・努力・学習が必要」

という国際的な心理学者の論文がベースとなった考えです。

本当に1万時間も必要なの?

って、疑問に思いますよね?

 

この記事ではまず『1万時間の法則』の詳細を解説します。

その後「僕が音楽制作で稼ぐまでどのくらいの時間が必要だったのか?」を実体験で検証してみます。

さらに記事の最後に『1万時間の法則』の一番重要な本質をお伝えします。

最後までしっかり読んでください。

1万時間の法則の詳細を解説!で、1万時間って何日なの?

『1万時間の法則』は、マルコム・グラッドウェル氏の著書『天才!成功する人々の法則(原題:Outliers: The Story of Success)』で紹介され、広く知れ渡りました。

グラッドウェル氏は、著書で以下のように主張しています。

Ten thousand hours is the magic number of greatness.

(訳:1万時間とは、偉大さを示すマジックナンバーなのだ。)

出典元:Malcolm Gladwell (2008), Outliers: The Story of Success, New York, Little, Brown & Co.

どこから1万時間って数字が出てきたの?
実はグラッドウェル氏は著書の中で、心理学者アンダース・エリクソン教授のとある研究について言及しています。

では、エリクソン教授の研究とは何だったのでしょう?

 

「1万時間の法則」の根拠となった研究とは?

"エリートのバイオリニストは、20歳までに合計1万時間の練習を積み重ねていた"

これがエリクソン教授の研究結果です。

研究内容は以下の通りです。

エリクソン教授は研究の被験者として、プロやアマチュア・学生などのバイオリニストを4グループに分けました。

  1. 音楽アカデミーでバイオリン専攻&国際的に活躍する力があるとみなされた学生
  2. 上記学生を除くバイオリン専攻の学生
  3. 音楽教育学部でバイオリンを専攻する学生
  4. 交響楽団のバイオリン奏者

さらにそれぞれのバイオリンの練習時間を聞き取りしました。

すると1と4(プロorプロの見込みがある)バイオリニストは、20歳時点で1万時間以上の練習時間を積み重ねていたことが判明したんです。

この結果から

エリクソン教授は論文で

卓越した技術を得るには1万時間以上の練習が必要」だと結論づけました。

 

では、1万時間の練習には何日くらい必要なのでしょう?

次で説明します。

 

1万時間って何日なの?

では1万時間とは「1日何時間を何日間」繰り返せばいいのでしょう?

下記表をご覧ください。

1日あたり何時間?何年くらいかかる?
12時間約2年
8時間約3年5か月
3時間約9年
1時間約27年
1日8時間かけても3年以上かかるのね。

あなたもこの言葉を聞いたことありませんか?

新入社員が一人前になるまで、最低3年はかかる!」って。

 

確かに上の表より、毎日8時間を3~4年繰り返してやっと1万時間に到達することがわかります。

なので「最低3年で一人前というのは、理にかなってる」と言えますね。

 

でも、これって本当なのかな?

僕も疑問に思ったので、あることを調べてみました。

その内容は「僕が音楽制作で稼げるまで、一体どのくらいの時間を費やしてきたのか?」です。

お、それは気になるね!

それでは以下をご覧ください。

【実体験】音楽制作で稼げるまで、何時間かかったのか?

僕が真剣に音楽制作を始めたのが23歳くらいです(バンド活動等を除いた純粋な音楽制作のみ)

当時、僕が音楽制作のインプット・アウトプットをしていた時間は、ざっくりと以下の通りです。

  • 23歳:3時間×300日=900時間
  • 24歳:6時間×300日=1,800時間
  • 25歳:6時間×300日=1,800時間
  • 26歳:4時間×300日=1,200時間
  • 27歳:4時間×300日=1,200時間

ここまででトータル約7,000時間になります。

クライアントに楽曲提供を始めたのはもう少し後ですが「音楽制作というスキル」でお金を稼ぐまで、7,000時間もの時間を費やしていたことがわかりました。

 

でもこれだけはお伝えしたいですが、

僕は「1万時間」に到達することを目指して、行動してきたわけじゃないです!

1万時間という数字はあくまで結果論なんです。

あなたがこれから何かのスキルを習得したいなら、四の五の言わずに大量行動しましょう!

まとめ(1万時間の法則は結果論!)

今回は1万時間の法則を詳しく解説しました。

あなたが何かのスキルを習得する参考にしてください。

 

最後にひとつお伝えします。

『1万時間の法則』をネット検索すると

「嘘!」とか

「誤り!」とか

挙句の果てには「100時間で充分!」みたいな記事タイトルが頻出します。

これらの記事を見ると「本当はスキル習得に1万時間も必要ないのでは?」と思ってしまいますよね?

そんなあなたに

『1万時間の法則』について、

一番重要な本質をお伝えしますね。

 

1万時間の法則』は結果論です。

 

本文中にお伝えしましたが、

何度でも繰り返します!

 

1万時間の法則』は結果論です。

 

本気で何かのスキルを習得する人は「1万時間」なんて意識しません。

1万という数字なんて、どうでもいいです。

プロを目指すサッカー少年が「残り870時間練習すればプロになれる!」とか

料理を上達させたい主婦が「残り480時間料理すればOK!(´▽`*)」とか

ライティングスキルを磨きたい人が「残り287時間ライティングすれば、稼げるぜ!」とか

こんなこと考えながら行動してない?(笑)

 

「1万時間の法則」が

嘘だろうが本当だろうが

誤りだろうが正解だろうが

そんなことは正直どーでもいいです。

 

あなたが心から習得したいスキルなら、誰に何を言われようと、どれだけ時間が掛かろうとスキルを磨きますよね?

あなたが好きなことなんだから。

僕は1万時間の法則よりも、

ただ単に好きだから

この動機こそが本質だと思っています。

 

ってことで『1万時間の法則』のお話しは以上になります。




-人生の好転
-

© 2021 慎吾録 Powered by AFFINGER5