健康

【湿潤療法】昭和の旧式人間が知らなかった”最新”の出血治療法とは!?

投稿日:2017年9月20日 更新日:

★ブログ開始、2記事目にして

◆コケる

どうも、昭和生まれの旧式人間、慎吾です。

 

当ブログの2記事目にしてコケてしまいましたよ、トホホ。

 

あ、、コケるとは”挫折”って意味じゃなくてね。

リアルにコケちゃったんです。。

 

 

ジョギング中に…

 

 

僕はジョギングが習慣なんですけど、まさかの失態ですよ。

ジョギングが習慣のあなたもご注意ください。

 

◆問題はその後

僕の場合、コケた原因はジョギングシューズの紐でした。

 

シューズ紐の結び目の余りが長すぎて、右足で左足の紐を踏んでしまったようです。

 

そこそこのスピードで豪快に地面に転んで、

膝を狂おしいほどに見事に擦りむいてひどく出血しましたとも、、、えぇ。。

 

現場にいた3~4人のギャラリーの熱い視線を感じながらも

え、別に痛くないし(´・ω・`)

と言わんばかりに無表情で逃げ出しましたよ、、はい。

 

でも問題はその後だったんです。

★最新の出血治療法

◆困ったときのグーグル先生

左足からジワジワ滴り落ちる血を気にしつつも、

僕はなんとか家に辿り着き、

マイ救急箱を調べました。

 

すると、、、

 

 

『消毒液がないじゃないか!』

 

 

困りましたね~。

 

傷口を消毒しないと”ばい菌”がウジャウジャ入ってくるじゃん!

それって危ないじゃん!

それってすっごい怖いじゃん!

 

「ドラッグストアで消毒液を買わなきゃな…」と思うと同時に、

消毒かぁ~~、、滲みるの痛いから嫌だな」とも思いました。。

 

みんなもそう思うでしょ?

 

そこで僕はグーグル先生に頼ることにしました。

検索窓で『ジョギング 転倒 擦り傷』とかで検索すると、、、

 

そこには驚くべき結果が!!

◆【温潤療法】

あなたは湿潤療法(しつじゅんりょうほう)という言葉を知っていますか?

この湿潤療法というのが、最新の出血治療法らしいんです。

 

  • 膝を擦りむいたり、
  • 手のひらを切ってしまったり、
  • 肘を擦りむいてしまったり、

そんな時、僕みたいな昭和の旧式人間が行う出血治療の常識は↓↓でした。

出血してもうた

消毒する

➡”いたいのいたいのとんでゆけ~♪”と唱える

乾燥させる

傷口に”かさぶた”をつくる

これ、みなさんはどうですか?

100人いたら87人くらいは↑↑のように治療しているんじゃないですか?

 

でも最新の治療方法である温潤療法は↓↓のようにするらしいです。

出血しちゃった

➡消毒しない(水道水でしっかり洗う!)

➡”いたいのいたいのとんでゆけ~♪”と唱える

➡乾燥させない

➡傷口に”かさぶた”をつくらない

 

非核3原則もビックリの

  • 消毒しない
  • 乾燥させない
  • かさぶたをつくらない

これが温潤療法らしいです。

 

 

僕『マジか!?昭和の常識、全否定やんけ!

 

僕は驚きましたが、それにはちゃんとした理由があるみたいです。

 

●なぜ消毒しない?

傷口部分を消毒すると外部からの菌を消毒することは出来るが、

同時に傷口を治すための体の細胞まで消毒してしまう

これが逆に傷口の治りを妨げてしまうのだ。

 

●なぜ乾燥させない?

傷口から出てくるグジュグジュした液を滲出液(しんしゅつえき)と呼ぶのだが、

この滲出液の中に細胞培養液が含まれて、傷口の回復に役立つのだ。

ガーゼ等で傷口を塞ぎ乾燥させると、滲出液も乾燥し傷口の回復が遅れるのだ。

 

●なぜ”かさぶた”をつくらない?

”かさぶた”とは、滲出液がガーゼ等に吸い取られ乾燥し、傷口の細胞が死んだものらしいのだ。

かさぶたは傷が治らない時にできるもので、傷を化膿させる原因にもなるのだ。

 

※※医師免許も持たない僕が調べたものなので、怪我の具合によっては自己判断せず病院に行ってね!※※

★まとめ

◆メリット

まとめると【湿潤療法】のメリットはこちら↓↓です。

 

傷口を湿らせた状態に保つと、

  1. 皮膚を再生する細胞が増えやすい
  2. 活動しやすい
  3. 修復する速度が上がる

また他にも

  1. 傷口に白血球が集まり、ばい菌への抵抗力が増す
  2. 傷口を湿らせると乾燥による痛みが出にくい

といったメリットもありまっせ。

 

◆おまけ(僕はどうした?)

以上の情報を調べて、僕がとった行動は……

 

消毒液は買わないけど、

キズパワーパッド”を買うでした。

 

理由は↓のページを見て、”キズパワーパッド”が【湿潤療法】に適していると知ったからです。

 

結果、その後の数日間

傷口のグジュグジュ感に違和感を感じながらも、

無事、傷口は綺麗に治りましたとさ。。

 

めでたしめでたし♪

 

 

もう一度書きます。

怪我の具合によっては必ず病院に行ってね!

-健康
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

どうも慎吾です!

お馬さんサンフレッチェ広島B’zがあれば生きていけるゆるゆる人間です。

◆夢:引退馬の活躍する場を全国に増やす。

◆野望:サンフレッチェ広島の新スタジアムにありったけのお金を寄付する。

◆弱点:器用貧乏が故、本当に好きなことがわからなかった。今も実験しながら探求中。

そんな僕のプロフィールはこちら

どうぞよろしくです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。