すべては自己満足のためでいいんじゃない?あなたを幸せにするのはあなただけよ♪

  • 【自己アフィリ】あなたの経験談募集♪

プロフィール

【第1話】夢のない小学生

投稿日:2018年4月22日 更新日:

広島県某小学校でのお話です。

 

僕が4年生の時、

『夢を叶えた将来の自分の姿』を描く

つまり、、、

将来の夢を絵にして描け』という

 

僕にとって甚だ迷惑な授業がありました。

 

好きなことも夢も何もなかった僕は、

真っ白な画用紙を前に何時間も固まっていました。

 

先生「将来の夢はなんなん?」 
僕「う~~~~~~~ん、わからん。

 

先生「好きなことは何なん?」
僕「う~~~~~~ん(小声)

 

先生「野球とか?」
僕「う~~~ん(小声)

 

先生「家帰って何しとるん?」
僕「いや、何も……

 

先生「はぁ…じゃあ、家で将来の夢を考えて来んさい!」
僕「はぃぃ…。

 

 

「はぃ…」と答えたものの、

1日で将来の夢を考えるなんてとても無茶な話なわけで。。。

 

でも、夢は何もなかった僕ですが、

次男特有の”要領の良さ“だけは抜群でした。

 

そして、この難題を逃れる方法を思い付きました

 

 

次の日、クラスの男子は野球選手を描いてきました。

女子はケーキ屋か花屋の姿を描いてきました。

個性の欠片もない。

 


肝心の僕はというと…

先生になった自分の姿」を描きました。

 

ま、「黒板をバックにスーツを着た自分」を描いただけなんですけどね(笑)

↑こんな感じ(笑)(画像はフリー素材です)

 

 

僕の絵を見た先生は喜びました。

 

先生「なんだ、先生になる夢があるんじゃないか~。良かった良かった。」
僕「えへへ…(それ以上ツッコむなよ)」

 

そう…深くツッコまれると困るんですよ。

 

なぜかというと、当時の僕の思考回路はこういう感じだったのです↓↓

  1. 自分の夢なんてない!(考えるのがメンドクサイ)
  2. お絵かきを早く終わらせたい
  3. 先生の姿だったらいつも見ているから描ける(顔を自分にすればいいだけ!!)
  4. 先生の機嫌もとれて結果オーライじゃん!(俺、天才!)

 

結果的にこの時は、

メンドクサイお絵かきを早々に終わらせ、

先生のご機嫌もとるという、

最高の形で難を逃れた僕でしたが…

 

それは『将来の夢と向き合うという、この授業で一番大事なこと』から逃れただけでした。

 


そしてこの後

自分の夢と本当に向き合ったのは

約20年後でした。。。

-プロフィール
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

どうも慎吾です!

お馬さんサンフレッチェ広島B’zがあれば生きていけるゆるゆる人間です。

◆夢:引退馬の活躍する場を全国に増やす。

◆野望:サンフレッチェ広島の新スタジアムにありったけのお金を寄付する。

◆弱点:器用貧乏が故、本当に好きなことがわからなかった。今も実験しながら探求中。

そんな僕のプロフィールはこちら

どうぞよろしくです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。