ひとり言

親の気持ち、子の気持ち、【てっぱん】で涙する。

どうも、親の影響は大きいですな

 

この記事はNHKの朝ドラ『てっぱん』のお話です。

てっぱんをまとめると、

『恩返しあてにして子供育てる親がどこにおるんよ。』

この言葉に全て詰まってると思います。

★てっぱんとは?

2010年の後期に放送された朝ドラ「てっぱん」

広島県尾道市で育ったヒロインが大阪に就職し、多くの人達と出会いながら、お好み焼き店を開業していくお話です。

 

てっぱんのキャッチコピーは

かならず腹はへる。かならず朝は来る。

[blogcard url="https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/1000/46513.html"]

 

★本当の親子

「主人公のあかり(瀧本美織)は本当は養子だった。」

18歳になったあかりは、偶然この事実を知ります。

 

大好きなお父さん・お母さんが

実の親じゃなかったと知ったあかり。

深いショックとともに、

育ててくれた恩返ししなきゃ!

と、あかりは躍起になって我を失いました。

 

大好きな音楽の夢を捨て、

本意じゃない就職を決意し、

育ててくれた方のために恩返ししなきゃって。

そして、あかりらしさを失いました。

でもね。

そんなあかりを見かねたお母さんが、

あかりに対してこう言ったんですよ。

 

恩返しあてにして子供育てる親が、どこにおるんよ。

 

あかりがやりたいようにやりんさい!』ってね。

 

血は繋がってなくても、

親は親。

子は子。

 

このシーンを見て、

「ブワァァァ(´;ω;`)」って涙しちゃいました。

★親の気持ち、子の気持ち

このように、てっぱんは育ての親子の関係が描かれています。

でもね、

育ての親だろうが、

本当の親だろうが、

親は子供の幸せを一番に願っています。

 

でも、子供の立場ではなかなか伝わらないよね~。

 

僕も自分の幸せを捨ててでも、親に恩返ししなきゃとか思ってましたし。

親には「何言ってんの!」と言われましたが。

 

だからてっぱんの親子関係を見て、本当に涙が出ちゃうんですよね。

実感ありすぎて。

 

そして出演者がまたいいんです。

明るく無邪気なあかり(滝本 美織さん)

冷静に周りを見渡せる肝っ玉母さん(安田 成美さん)

喜怒哀楽が激しく愛情深いお父さん(遠藤 憲一さん)

厳しさの中に優しさが溢れてるあかりの実祖母(富司 純子さん)

この4人の好演がてっぱんの世界を引き立てています。

 

一言で言うと"最高"

 

ぜひ、あなたも『てっぱん』見てみてください。

 
てっぱん 完全版 DVD-BOX1
 
てっぱん 完全版 DVD-BOX2
 
てっぱん 完全版 DVD-BOX3<完>【DVD】




人気記事

1

30日で人生が変わる魔法のメール講座 ハートフルライフスクール 中心軸クラブ   全て参加しているので徹底比較します。   ということで本記事では、 鎌田悠成(ヒロ)さん主催の上記 ...

-ひとり言
-,

© 2020 慎吾録 Powered by AFFINGER5