わくわくワーク

【絶対やってね】自分にお礼と感謝をするワーク

自分自身に関するワークをしましょう♪

 

今回のワークはこちらです。

自分自身に関するワーク

自分自身にお礼と感謝をする

 

今回のワークはあなた自身のためにも絶対チャレンジしてほしいです。

人によってはワークをしながら涙が出る人もいます。

 

僕も一緒にワークをします。

では、楽しみながらやりますよ~♪

ワークのやり方

ワークのやり方は何でもありです。

あなた自身にお礼と感謝を伝えられたらOKです。

 

もし方法が思い付かない方は、例えば以下のようなやり方はいかがでしょうか?   

  • ノートや紙を用意してリストアップする。
  • 目を瞑って自分の内面に向けて優しく語り掛ける。
  • 鏡を用意して、鏡に映る自分に語り掛ける。

どのやり方でも大丈夫です。

あなたのスタイルにお任せするので、早速始めてみましょう♪

 

◆自分自身にお礼と感謝

今回のワークに制限時間は設けません。

心が納得するまであなた自身にお礼と感謝を伝えましょう。

 

はい、スタート♪

 

あなたはいつ生まれましたか?

あなたはどこに生まれましたか?

あなたの最初の記憶はどんなのですか?

 

あなたは地球に生まれてからずっと、地球生活の制限の多さにがんじがらめになりながらも、ず~~っと生き続けています。

  • 病気もあったでしょう。
  • 怪我もあったでしょう。
  • 別れもあったでしょう。
  • 大変なこともあったでしょう。
  • 辛いことも痛いこともあったでしょう。
  • どギツイ体験もあったでしょう。
  • 理不尽な出来事もあったでしょう。
  • もらい事故のような出来事もあったでしょう。
  • これ人生に必要ないだろ!って出来事もあったでしょう。

それでもあなたは生きています。

 

あなたの肉体も

あなたの精神も

生きています。

 

さあ、あなた自身にお礼と感謝を伝えてみましょう。

 

『いつもありがとう。』

『いつも一番傍にいてくれてありがとう。

『いつも近くで見守ってくれてるよね。』

『この肉体で産まれてきてくれてありがとう。』

『いつも助けてくれてるよね。いつも感じてるよ。』

『一緒に生きてくれてありがとう。』

『これからもずっと一緒に生きていこう。』

 

どうですか?

 

ノートにしっかり書き出せていますか?

あなた自身にしっかり伝えられていますか?

鏡の中のあなたに語り掛けられていますか?

 

  • 家族に感謝したり、
  • 友達にお礼を言ったり、
  • 会社の同僚にお礼を言ったり、

意外にも他人への感謝は割とできると思います。

でも人によっては、自分自身にお礼と感謝をするのが難しい人もいるかもしれません。

 

あなたに一番近い存在のあなた自身を置き去りにしないでくさい。

し~~~かりとお礼と感謝を伝えてください。

 

さあ、あなたの心が納得するまでお礼と感謝は伝えられたでしょうか。

 

まとめ:あなたは最高の存在

みなさん、ワークをしてみていかがでしたか?

 

僕の場合はお腹の奥らへんがじんわりと温かくなってきました。

手のひらもポカポカと温かくなってきました。

とても穏やかな気分です。

 

いつも見守ってくれてありがとう。

どんなときも僕を見放さないでくれてありがとう。

あなたは僕にとって最高の存在です。

こんなことを心の奥深くで感じています。

 

あなたもぜひこの機会に、あなた自身に優しく寄り添ってみましょう。

毎日、あなた自身にお礼と感謝しましょうね♪

 

あなたは最高の存在なんだから。

 

今回のワークのルーツはこちら

必須記事
鎌田悠成さんメール講座【1番わかるレビュー】30日で人生好転!

【魔法のメール講座】を受け取るには、普段お使いのメールアドレス・あなたのお名前をご入力ください。 完全無料今すぐ【魔法のメール講座】に申し込む※不要になれば3秒で解除も可 どうも、魔法のメール講座で人 ...

続きを見る

 

最新の意識進化コミュニティ

人気記事
中心軸クラブ【1番わかるレビュー】300名以上が楽ちん人生へ

楽ちん人生への旅を【中心軸クラブ】で始めよう♪ こんな方におすすめ 人生を楽ちんにしたい方 お金の不安・不満、執着から解放されたい方 家族・パートナーなどの人間関係の悩みを手放したい方 自分の好きな仕 ...

続きを見る




人気記事

1

30日で人生が変わる魔法のメール講座 ハートフルライフスクール 中心軸クラブ   全て参加しているので徹底比較します。   ということで本記事では、 鎌田悠成(ヒロ)さん主催の上記 ...

-わくわくワーク
-,

© 2020 慎吾録 Powered by AFFINGER5