未分類

【6つのポイント経済圏】あなたの日常生活に合ったポイント経済圏を選びましょう。

ポイント経済圏選び、絶対失敗したくないですよね?

最近では毎日の買い物だけでなくクレジットカードの支払やポイント投資など、生活の至る所でポイント還元ポイント利用ができるようになりました。

 

ポイントを賢く利用するためには、ポイント経済圏選びが必須です。

ということで今回は『必ず知っておきたい6つのポイント経済圏』についてお伝えします。

 

ポイント経済圏とは?

「ポイントサービス」を通じて、複数サービスをまたいで形成される経済圏のこと。

ポイント経済圏において、

企業はポイントを通じて顧客を囲い

顧客はポイントでお得にサービスを受けることができます。

 

★6つのポイント経済圏

今回お伝えする6つのポイント経済圏は以下です。

  1. 楽天ポイント(楽天経済圏)
  2. Tポイント(ヤフー・ソフトバンク経済圏)
  3. dポイント(ドコモ経済圏)
  4. Pontaポイント(au経済圏)
  5. LINEポイント(LINE経済圏)
  6. nanacoポイント(セブン経済圏)

上記6つのポイント経済圏を「ポイントの簡単な説明」「買い物」「スマホ」「クレジットカード」「運用」の5つの視点でお伝えします。

ぜひ、あなたの日常生活に合ったポイント経済圏を見つけてください。

 

●楽天ポイント(楽天経済圏)

楽天ポイントは楽天が運営するポイントサービスです。

基本的に100円に1ポイントつきます(200円に1ポイントの場合もあります)

2019年の年間ポイント発行額が3200億円(!!)という日本最大級のポイント利用を誇ります。

楽天グループのサービスを使えば使うほど、SPU(スーパーポイントアッププログラム)があがり、ポイントの還元率が上乗せされます。

 

◆買い物

  • ネットショッピング:楽天市場
  • コンビニ・スーパー:ファミリーマート、デイリーヤマザキなど
  • ドラッグストア:サンドラッグ、ツルハドラッグなど
  • 飲食店:マクドナルド、吉野家、すき屋など

メインは何と言っても楽天市場です。

楽天グループの様々なサービスを利用するとSPUが最大+15倍(還元率16%)になります。

また楽天市場のスーパーセールやお買い物マラソン等のイベントでは、条件次第で通常の40倍ものポイントが付与されるんです。

 

◆スマホ

楽天モバイルに契約すると、楽天市場での買い物のポイントが+1倍されます。

2020年9月現在、楽天モバイルは1年間無料キャンペーン実施中です。

楽天の携帯サービスは始まったばかりなので、クオリティに不安な方は2台目のスマホとして契約してみてはいかがでしょうか?

いま契約すれば1年間は完全無料、2年目以降も月々2,980円という素晴らしい価格設定です。

 

◆クレジットカード

楽天カードは楽天ポイントが効果的に貯まるクレジットカードです。

年会費無料で還元率は常時1%、楽天市場では3%以上になります。

 

楽天市場でたくさん買い物をされる方は楽天ゴールドカードもおすすめです。

年会費は2,200円かかりますが、楽天市場の還元率が5%以上にアップします。

楽天市場を年間11万円利用すれば、楽天ゴールドカードの年会費2,200円はペイできます。

 

◆運用

楽天証券では楽天ポイントを使って投資信託を購入できます。

当月に500円分以上のポイント投資をするとSPUが+1倍になります。

★Tポイント(ヤフー・ソフトバンク経済圏)

Tポイントはカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が開始したポイントサービスの先駆けといえるポイントサービスです。

基本的に200円に1ポイントが付与されます。

 

◆買い物

  • ネットショッピング:Yahoo!ショッピング、LOHACOなど
  • コンビニ・スーパー:ファミリーマート、マルエツなど
  • ドラッグストア:ハックドラッグ、ウエルシアなど
  • 飲食店:ガスト、バーミヤン、ジョナサン、吉野家、牛角など

ネットはYahoo!ショッピングがメインですが、日々の買い物はコンビニ・スーパー。ドラッグストアなど幅広いお店でTポイントは貯まります。

 

◆スマホ

ソフトバンクの基本使用料・通信料・通話料など、利用料金1,000円につきTポイント5ポイントが貯まります。

逆に、貯まったTポイントは1ポイント=1円として、Softbankの携帯料金、機種代金、修理代金にも使うことができます。

 

◆クレジットカード

Tポイントを貯めやすいクレジットカードは2枚あります。

 

①Yahoo!JAPANカード

Yahoo!JAPANカードは年会費無料のクレジットカードです。

一般加盟店は1%の還元、Yahoo!ショッピングとLOHACOでは3%の還元と、非常に高い還元率となっています。

 

②ファミマTカード

ファミマTカードは年会費無料でポイント還元率は0.5%~1.5%です。

基本的には200円で1ポイントが付与されます。

注意点としては、ファミマTカードはリボ専用カードなので、支払い方法を「ずっと全額払い」に変更する必要があることです。

ハピタスからファミマTカードを新規カード発行すると、1,250pプレゼントキャンペーン中です。

 

◆運用

SBIネオモバイル証券では貯めてきたTポイントで株式投資できます。

Tポイントは1ポイント=1円で使えます。

 

SBI証券に口座を開設すると、Tポイントを1ポイント=1円として投資信託に利用できます。

また、口座開設だけでも100ポイント付与されるので、ポイント投資デビューには丁度良いのではないでしょうか。

★dポイント(ドコモ経済圏)

dポイントはNTTドコモが運営するポイントサービスです。

無料のdポイントクラブに入会すると、100円または200円の支払いにつき1ポイント貯まります。

2020年6月からはメルカリと連携し、メルカリの購入で最大1.5%のdポイントが付与されます。

 

◆買い物

  • ネットショッピング:amazon、無印良品ネットストア、メルカリ
  • コンビニ・スーパー:ローソン、ファミリーマートなど
  • ドラッグストア:マツモトキヨシ、ココカラファインなど
  • 飲食店:マクドナルド、ミスタードーナツ、すき家、ドトールコーヒーなど

 

◆スマホ

ドコモの携帯利用料金・機種変更代金など、1ポイント=1円として使うことができます。

 

◆クレジットカード

dポイントを貯めやすいクレジットカードは2枚あります。

 

①dカード

dカードは年会費無料のクレジットカードです。

ドコモユーザー以外でも1%還元され、ローソンでは会計から3%オフかつ最大2%のdポイントが貯まります。

また、マツモトキヨシで4%還元、スターバックスカードへのチャージで4%還元など、ポイントが非常に貯まりやすいカードなんです。

【A8.net】 のセルフバックでdカードを申し込むと、400円プレゼントキャンペーン中です。

 

②dカード GOLD

dカード GOLDは年会費11,000円かかり、一見すると高額なクレジットカードですが、ドコモユーザーにはお得なクレジットカードです。

ドコモのスマホやドコモ光の利用料金に、なんと10%もdポイントが還元されるんです。

在宅の個人事業主の方で、スマホ&光通信の契約をされている方にはお得になる可能性があります。

【A8.net】 のセルフバックでdカード GOLDを申し込むと、800円プレゼントキャンペーン中です。

 

◆運用

『日興フロッギー+docomo』では、dポイント100ポイントから株式投資を始めることができます。

貯まったdポイントを利用できるので、投資初心者の方でもトライしやすいです。

 

また『THEO+ docomo』では、dポイントと連携すると預かり資産額に応じてdポイントを貯めることができます(dポイントの投資ではありません。)

★Pontaポイント(au経済圏)

Pontaポイントはロイヤリティマーケッティングが運営するポイントサービスです。

2020年5月に「au WALLETポイント」と統合され、auが提供する決済サービスにもPontaポイントが貯まるようになりました。

 

◆買い物

  • ネットショッピング:じゃらん、ホットペッパーグルメなど
  • コンビニ・スーパー:ローソン、ナチュラルローソンなど
  • ドラッグストア:トモズ
  • 飲食店:すき家、ココス、ピザハットなど

 

◆スマホ

auの携帯利用料金・データチャージ・機種変更料など、1ポイント=1円として使うことができます。

 

◆クレジットカード

Tポイントを貯めやすいクレジットカードは3枚あります。

 

①リクルートカード

リクルートカードは年会費無料のクレジットカードです。

利用店舗を問わず常時1.2%還元されます。

還元されるポイントはリクルートポイントですが、Pontaポイントに即時交換できるので問題ありません。

ハピタスからリクルートカードを新規カード発行すると、4,000pプレゼントキャンペーン中です。

 

②au PAYカード

au PAYカードは年会費無料のクレジットカードです。

au PAYでは1.5%のPontaポイントが貯まり、一般加盟店でも1%還元なので、auユーザーにはおすすめのカードです。

 

③ローソンPontaプラス

ローソンPontaプラスは年会費無料のクレジットカードです。

ローソンでは1~2%の還元、ローソン以外で0.5%還元なので、ローソンをよく利用する方はおすすめです。

ハピタスからローソンPontaプラスを新規カード発行すると、1,000pプレゼントキャンペーン中です。

 

◆運用

auカブコム証券は、Pontaポイント1ポイント=1円で投資信託の買付ができます。

またauカブコム証券で保有している投資信託の月間平均保有額に応じて、毎月Pontaポイントが貯まるプログラムもあります。

ハピタスからauカブコム証券を口座開設後、初回取引完了で、7,000pプレゼントキャンペーン中です。

 

★LINEポイント(LINE経済圏)

LINEポイントはLINEのサービスを利用することで獲得できるポイントのことで、1ポイント=1円となります。

また、LINEポイントはLINEのアプリ上で貯めることができます。

 

◆買い物

LINE内の「アプリで遊ぶ」「動画を見る」「たくさん貯める」といったコンテンツでミッションを達成すればLINEポイントが貯まります。

またLINE経由で楽天市場やAmazonなどから買い物をしてもポイントが貯まるんです。

 

◆スマホ

LINEモバイルの月額基本利用料とユニバーサルサービス料金を、保有しているLINEポイントで支払うことができます

 

◆クレジットカード

LINE PayクレジットカードはLINEと三井住友銀行が提携し発行したクレジットカードです。

初年度は年会費無料で、2年目以降は年会費1,250円です(年1回でもカードを利用すれば翌年以降も年会費無料!!

還元率は初年度が3%と高還元となり、通常は還元率1%となります。

またLINEポイントクラブでは、過去6か月のポイント獲得量に応じてポイント還元率が最大3%まで高くなります。

ハピタスからLINE Payクレジットカードを新規カード発行で、3,000pプレゼントキャンペーン中です。

 

◆運用

LINE証券ではLINEポイント1ポイント=1円で投資を始められます。

1株数百円から始められるシンプルかつ自由な投資なので、投資初心者もトライしやすいです。

★nanacoポイント(セブン経済圏)

nanacoポイントはnanacoカードまたはnanacoモバイルでの買い物に応じて貯まるポイントのことです。

基本的に200円=1ポイント貯まり、1ポイント=1円で換算されます。

 

◆買い物

セブンイレブン、イトーヨーカドー、nanacoマークのある全国各地の店舗。

 

◆スマホ

お持ちのスマホにnanacoモバイルアプリをダウンロードして会員登録すれば、nanacoモバイルを利用することができます。

nanacoポイントを1ポイント=1円に交換して買い物ができます。

 

◆クレジットカード

セブンカード・プラスでは、クレジット払いはもちろん、nanacoへのチャージ(入金)でもnanacoポイントを貯めることができます。

 

・クレジット払い

セブン&アイグループ対称点での買い物は、200円=2ポイント貯まります。

JCB、Visa加盟店での買い物は、200円=1ポイント貯まります。

 

・チャージ(入金)

nanacoにクレジットチャージまたはオートチャージでも200円=1ポイント貯まります。

【A8.net】 のセルフバックでセブンカード・プラスを申し込むと、2,250円プレゼントキャンペーン中です。

 

◆運用

「おつりで投資トラノコ」では、毎日の買い物の「おつり」を最低5円から投資に回すことができます。

トラノコでnanacoIDを連携すると、毎月投資額にかかわらずnanacoポイントが貯まります

また現在、nanacoポイントで投資を行うと3,000円分のnanacoポイントがプレゼントされます。

★まとめ

以上、6つのポイント経済圏について5つの視点で簡単にまとめさせていただきました。

参考になりましたでしょうか?

自分の生活に合ったポイント経済圏がわかると、日常の買い物やスマホ利用、運用等に対してポイントがどんどん溜まっていきます。

ぜひこの記事を参考にあなたの生活に合ったポイント経済圏を決め、賢いポイント生活を送りましょう。




人気記事

1

全て参加したので徹底比較します。 本記事では、ヒロ(鎌田悠成)さん主催の下記3つのコンテンツを徹底比較します。 30日で人生が変わる魔法のメール講座 ハートフルライフスクール(HLS) 中心軸クラブ ...

-未分類
-

© 2020 慎吾録 Powered by AFFINGER5