未分類

【アンガーマネジメントしましょう♪】いやいや!アンガーマネジメント出来ないから困るんですよね?

アンガーマネジメントという言葉を聞いたことありますか?

アンガーマネジメントとは、アメリカで提唱された「怒りと上手に付き合うための心理教育・心理トレーンング」のことです。

日本でも企業の社員研修での導入が増えたり、一般的に認知されています。

 

仕事でも家庭でも「つい衝動的に怒ってしまう場面」って結構あるじゃないですか?

ぜひ本記事でアンガーマネジメントについて考えていきましょう。

 

本記事ではまず、アンガーマネジメントのメリット・デメリット・方法をお伝えします。

その後に、根本的に重要な「心の奥底のアンガーマネジメント」に踏み込んでいきましょう。

ぜひ、気楽にご覧ください。

★アンガーマネジメントのメリット

アンガーマネジメントのメリットはたくさんあります。

  • 怒りを感じる頻度が減るので、ストレスが減る
  • 怒りが回りに伝染しないことで、仕事の生産性が上がる
  • 怒ることに頼らない問題の解決方法が見つかる。
  • 衝動的な怒りが減ると、快適なコミュニケーションができる。

怒りをコントロールすることのメリットは他にもたくさんありますよね?

仕事の場でも家庭の中でも、怒りをうまくコントロールしたいですね、はい。

 

★アンガーマネジメントのデメリット

怒りの感情をコントロールすることにデメリットはあるんでしょうか?

一見デメリットなんて無さそうですよね

 

僕が考えるに、一番危険なのは『アンガーマネジメントできていると錯覚すること』です。

 

その弊害が以下のようなことです。

  • 怒りを心の内側に閉じ込める。
  • 怒りの原因に鈍感になってしまう。
  • 本音を隠してしまう。
  • 感情が無くなる。

正しいアンガーマネジメントをしないと、逆にストレスが溜まったり人生に膿や歪みがでてきそうです。

なんか怖いですよね?

以下にアンガーマネジメントの方法についてお伝えするので、まずはご覧ください。

★アンガーマネジメントの方法

アンガーマネジメントでは『衝動・思考・行動』という3つの観点から怒りをコントロールします。

●衝動のコントロール

6秒ルールを守る

怒りは最初の6秒間がピークだと言われています。

なので、最初の6秒をいかにやり過ごすかがキモなんです。

例えばつい口論になりそうなとき、

「1、2、3、4、5,6」と、

時間を数えるようにすればいいでしょう。

 

そんなこと出来るかな…

●思考のコントロール

期待や固定観念を手放す

怒りは自分の中にある「相手への期待」や「物事の固定観念」が裏切られたときに湧きあがってきます。

  • この人はきっと〇〇してくれるだろう。
  • これは絶対△△に決まってる。
  • (経験上)これはこうすべきでしょう!

こういった期待や固定観念を手放して、許容範囲を広げてみましょう。

 

いや、それが難しいねん…

●行動のコントロール

怒ってもしょうがない

あなたが怒って、状況が好転するのかよく考えましょう

もちろん状況によっては怒ることが必要な場合もあります。

でも怒る場合には、怒りの伝え方その後のフォローのこともしっかり考えましょう。

 

他にも例えば、休みの日に雨が降ってお天道様に怒ってもしょうがないよですよね?

このように諦めが肝心って場合も多々ありますよね、、、えぇ。

 

だから、それが難しいねん!

 

●理屈は分かる、、、でも正直難しい

そうなんです。

アンガーマネジメントの理屈はよく分かります。

 

でも実際にアンガーマネジメントするのって、メッチャ難しくないですか?

 

  • 6秒我慢なんて出来ます?
  • 期待や固定観念って簡単に手放せます?
  • 怒りを諦められます?
人間の怒りの感情について、もうちょっと深く知る必要がありそうですよね?

 

以下に人の"怒り"の感情や、本当のアンガーマネジメントについて考察します。

★そもそも"怒り"とは?

"怒り"の感情は"二次感情"だと言われています。

 

怒りの感情の前に"一次感情"として、

人や出来事に対する不安・恐れ・寂しさ・悲しさ・心配・恥ずかしさなどがあると言われています。

 

例えば、、、

勉強しない子供にイライラして怒ってしまう。

これは「きっと勉強してくれるはず!という期待を裏切られた悲しさ」や「勉強しないと子供の将来が心配だ」という一時感情があるかもしれません。

 

彼氏彼女が待ち合わせに遅れて怒ってしまう。

これは「なんで私(僕)のために時間を守ってくれないの?」という寂しさが一時感情にあるかもしれません。

 

他にも、人前で間違いを指摘すると、恥ずかしさから怒り狂う人もいますよね?(笑)

 

このように怒りとは、自分の中に湧き上がったネガティブな一時感情を表現する方法論のひとつなのかもしれません。

 

★まとめ(本当のアンガーマネジメントとは?)

本当のアンガーマネジメントとは、

不安や寂しさ等のネガティブな心の本音に、

気付いて癒してあげることだと思います。

 

そんなこと言っても、自己流では難しいんですけどね。

 

僕の知識の範囲でネガティブな感情を完全に中心軸に戻す手法は【ディマティーニ・メソッド】です。

【ディマティーニ・メソッド】は逆に、ポジティブな感情も完全に中心軸に戻します。

※中心軸=ポジティブでもネガティブでもない完全に中心の感情

 

●ディマティーニ・メソッドとは?

ディマティーニ・メソッドとは、人間行動学の世界的権威 Dr.ジョン・ディマティーニが、哲学・心理学・社会学・物理学・自然科学など多岐にわたる分野を40年以上も研究し、体系化した自己変革メソッドです。

不安や寂しさといった怒りの一時感情は、過去の経験に対するネガティブな解釈が原因のひとつになっています。

ディマティーニ・メソッドを体験すると、人の思考の癖無意識な思い込みを根本から変えることができるんです。

そして過去の人や出来事に対するネガティブな思い込みをフラット(中心軸)に戻すことができるんです。

 

●最後に

現在僕が参加している【中心軸クラブ】には2人のディマティーニ・メソッドのファシリテーター(専門家)がいます。

 

中心軸クラブでは、

2人のファシリテーターによって、

定期的なディマティーニ・メソッドの体験会や、

中心軸クラブ会員に向けての特別料金での個人セッションも開催しています。

 

ディマティーニ・メソッド体験会の効果口コミは以下の【期間限定】メルマガで確認できます。

【期間限定】波動を高めて人生のステージを変える3ステップ

 

中心軸クラブにご興味のある方は以下記事から中心軸クラブの詳細をご確認ください。

【世界最速レビュー】あなたも『中心軸クラブ』で人生を楽ちんに

 

それではみなさん、ディマティーニ・メソッド等と活用しながら、正しいアンガーマネジメントをしていきましょう。




人気記事

1

30日で人生が変わる魔法のメール講座 ハートフルライフスクール 中心軸クラブ   全て参加しているので徹底比較します。   ということで本記事では、 鎌田悠成(ヒロ)さん主催の上記 ...

-未分類
-,

© 2020 慎吾録 Powered by AFFINGER5