ポイント経済圏

【6つのポイント経済圏】あなたの日常生活に合ったポイント経済圏を選びましょう。

ポイント経済圏で悩んでいませんか?

 

ポイント経済圏とは?

「ポイントサービス」を通じて、複数サービスをまたいで形成される経済圏のこと。

例えば、楽天ポイント経済圏というポイント経済圏があります。

楽天ポイント経済圏では、楽天グループのサービスを利用すればするほど、楽天ポイントが還元されやすくなります。

ポイントを通して「顧客はよりお得に、企業は顧客を囲む」ことができ、お互いにWin-Winな関係になれます。

僕たち顧客の立場では、ポイントをお得に賢く利用するために、ポイント経済圏選びは重要になります。

例えば、

  • スマホはドコモ(dポイント
  • 買い物は楽天(楽天ポイント
  • コンビニはファミマ(Tポイント
  • 外食はすき家(Pontaポイント

このようにポイント経済圏がバラバラな人は損をしています。

なぜなら、ポイントが分散してしまい、全然貯まらないからです。

 

解決方法はただひとつです。

『ポイント経済圏を一つに絞る』ことです。

 

ちなみに僕は楽天ポイント経済圏の住人です。

2019年~2021年の楽天ポイント獲得履歴は以下の図の通りです。

このように、ひとつのポイント経済圏に絞ることで、年間4万円に該当するポイントも獲得できるんです。

 

この記事ではあなたがポイント経済圏を決める判断材料として、6つのポイント経済圏のサービスとそれぞれの主なサービスをご紹介します。

最後までしっかり読んで、ポイント経済圏選びを成功させましょう!

目次

6つのポイント経済圏とは?

現在日本で発展しているポイント経済圏は以下の6つです。

  1. 楽天ポイント(楽天経済圏)
  2. Tポイント(ヤフー・ソフトバンク経済圏)
  3. dポイント(ドコモ経済圏)
  4. Pontaポイント(au経済圏)
  5. LINEポイント(LINE経済圏)
  6. nanacoポイント(セブン経済圏)

上記6つのポイント経済圏を「ポイントの内容」「買い物」「スマホ」「クレジットカード」「運用」の5つの視点で解説します。

ぜひ、あなたの日常生活に合ったポイント経済圏を見つけてください。

 

楽天ポイント(楽天経済圏)

楽天ポイントは楽天グループが運営するポイントサービスです。

基本的には100円に対して1ポイントが還元されます(※200円に1ポイントのサービスもあります)

2019年の年間ポイント発行額が3200億円という、日本最大級のポイントサービスが楽天ポイントなんです。

 

楽天ポイントにはSPUという仕組みがあり、楽天グループのサービスを利用すればするほど、ポイントの還元率が上乗せされます。

※SPU:スーパーポイントアッププログラム

 

SPUによるポイント還元率は最大+15倍です。

SPUが+15倍の場合、ポイント還元率が16%(通常1%+SPU15%)になります。

つまり、10,000円の商品を購入すると、1,600ポイントが還元される計算になります。

 

では楽天ポイント経済圏とは、具体的にどのようなサービスがあるのでしょう?

以下で解説します。

 

「毎日の買い物」で楽天ポイントを貯める

毎日の買い物で楽天ポイントを貯めることができます。

主なネットショップや店舗は次の通りです。

  • ネットショッピング:楽天市場
  • コンビニ・スーパー:ファミリーマート、デイリーヤマザキなど
  • ドラッグストア:サンドラッグ、ツルハドラッグなど
  • 飲食店:マクドナルド、吉野家、すき屋など

最大の狙い目はやはり楽天市場です。

楽天市場の「スーパーセール」や「お買い物マラソン」等のイベントでは、条件をクリアすると通常の40倍ものポイントが付与されるんです。

楽天市場のイベントを狙って買い物をして、楽天ポイントをザクザク貯めている方が非常に多いです。

 

「スマホ」で楽天ポイントを貯める

楽天モバイルに契約するだけで、SPUが+1倍になります。

さらに楽天モバイルのキャリア決済で月2,000円以上を支払いすると、SPUが+0.5倍されます。

楽天モバイルのサービスのみでSPUが+1.5倍になるので、楽天市場で買い物をするだけでポイントが貯まりやすくなります。

 

ただし、楽天モバイルは2020年にサービスが始まったばかりです。

中には楽天モバイルのサービスに不安を感じる方も多いでしょう。

 

僕は楽天ポイント経済圏の住人として、実際に楽天モバイルと契約しています。

楽天モバイルについて詳細を知りたい方は次の記事を参考にしてください。

 

「クレジットカード」利用で楽天ポイントを貯める

楽天カードを利用すると、効果的に楽天ポイントが貯まります。

楽天ポイント経済圏では、欠かせないクレジットカードです。

 

楽天カードは年会費無料で還元率は常時1%、楽天市場では3%以上になります。

また、楽天カードはフリーランスや主婦、学生の方でも作りやすいクレジットカードです。

僕も収入が少ない時に楽天カードを作ることが出来ました。

楽天カードについては、次の記事でまとめています。

ぜひ参考にしてみてください。

 

「運用」で楽天ポイントを貯める

楽天証券では、貯まった楽天ポイントをポイント投資できます。

また、月500円以上をポイント投資すると、SPUが+1倍されます。

 

楽天ポイントを楽天証券で運用する。

SPUが+1倍になるので、楽天ポイントが貯まりやすくなる。

貯まった楽天ポイントを、運用に回す。

このように楽天ポイントをうまく循環させ、ポイント投資を楽しみましょう!

 

以上が楽天ポイント経済圏の解説になります。

 

Tポイント(ヤフー・ソフトバンク経済圏)

Tポイントはカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が開始したポイントサービスの先駆けといえるポイントサービスです。

基本的に200円に対して1ポイントが還元されます。

 

ではTポイント(ヤフー・ソフトバンク経済圏)とは具体的にどのようなサービスがあるのでしょう?

以下で解説します。

 

「毎日の買い物」でTポイントを貯める

毎日の買い物でTポイントを貯めることができます。

主なネットショップや店舗は次の通りです。

  • ネットショッピング:Yahoo!ショッピング、LOHACOなど
  • コンビニ・スーパー:ファミリーマート、マルエツなど
  • ドラッグストア:ハックドラッグ、ウエルシアなど
  • 飲食店:ガスト、バーミヤン、ジョナサン、吉野家、牛角など

ネットはYahoo!ショッピングがメインですが、日々の買い物はコンビニ・スーパー、ドラッグストアなど幅広いお店でTポイントは貯まります。

Tポイントと提携している店舗の数は非常に多いので、日常の買い物でTポイントを貯めるようにしましょう!

 

「スマホ」でTポイントを貯める

Tポイントはソフトバンクのスマホと提携しています。

ソフトバンクのスマホを契約すると、基本使用料・通信料・通話料など、利用料金1,000円につきTポイント5ポイントが貯まります。

逆に、貯まったTポイントは1ポイント=1円として、Softbankの携帯料金、機種代金、修理代金にも使うことができます。

 

「クレジットカード」利用でTポイントを貯める

Tポイントが貯まるクレジットカードは次の2枚があります。

  1. Yahoo!JAPANカード
  2. ファミマTカード

それぞれの年会費や還元率は以下の通りです。

 

①Yahoo!JAPANカード

Yahoo!JAPANカードは年会費無料のクレジットカードです。

一般加盟店は1%の還元、Yahoo!ショッピングとLOHACOでは3%の還元と、非常に高い還元率となっています。

 

②ファミマTカード

ファミマTカードは年会費無料でポイント還元率は0.5%~1.5%です。

基本的には200円で1ポイントが付与されます。

注意点は、ファミマTカードはリボ専用カードであることです。

なので、支払い方法を「ずっと全額払い」に変更する必要があります。

ハピタスからファミマTカードを新規カード発行すると、1,250pプレゼントキャンペーン中です。

 

「運用」でTポイントを貯める

現在、投資をしてTポイントが貯まるサービスはありません。

ただし、次の2つの証券会社では、貯まったTポイントをポイント投資することが出来るんです。

 

まず、「SBIネオモバイル証券」では1ポイント=1円としてTポイントを利用できます。

次に、「SBI証券」で口座を開設すると1ポイント=1円としてTポイントを投資信託に利用できます。

口座開設だけでも100ポイント付与されるので、ポイント投資デビューには丁度良いのではないでしょうか。

 

dポイント(ドコモ経済圏)

dポイントはNTTドコモが運営するポイントサービスです。

無料のdポイントクラブに入会すると、100円または200円の支払いにつき1ポイント貯まります。

2020年6月からはメルカリと連携し、メルカリの購入で最大1.5%のdポイントが付与されます。

 

ではdポイント(ドコモ経済圏)とは具体的にどのようなサービスがあるのでしょう?

以下で解説します。

 

「毎日の買い物」でdポイントを貯める

毎日の買い物でdポイントを貯めることができます。

主なネットショップや店舗は次の通りです。

  • ネットショッピング:amazon、無印良品ネットストア、メルカリ
  • コンビニ・スーパー:ローソン、ファミリーマートなど
  • ドラッグストア:マツモトキヨシ、ココカラファインなど
  • 飲食店:マクドナルド、ミスタードーナツ、すき家、ドトールコーヒーなど

最大の狙い目はAmazonでの買い物になります。

Amazonはネットショップ最大手なので、頻繁に利用される方も多いです。

ただし注意点として、Amazonでdポイントを貯めるには、ドコモのd払いにする必要があることです。

ドコモユーザー以外の方は、気を付けましょう。

 

「スマホ」でdポイントを貯める

dポイントはドコモから派生したポイントサービスになります。

貯まったdポイントは1ポイント=1円として、ドコモの携帯利用料金・機種変更代金などに利用できます。

 

「クレジットカード」利用でdポイントを貯める

dポイントを貯めやすいクレジットカードは2枚あります。

  1. dカード
  2. dカード GOLD

それぞれの年会費や還元率は以下の通りです。

 

①dカード

dカードは年会費無料のクレジットカードです。

ドコモユーザー以外でも1%還元され、ローソンでは会計から3%オフかつ最大2%のdポイントが貯まります。

また、マツモトキヨシで4%還元、スターバックスカードへのチャージで4%還元など、ポイントが非常に貯まりやすいカードなんです。

【A8.net】 のセルフバックでdカードを申し込むと、400円プレゼントキャンペーン中です。

 

②dカード GOLD

dカード GOLDは年会費11,000円かかり、一見すると高額なクレジットカードですが、ドコモユーザーにはお得なクレジットカードです。

ドコモのスマホやドコモ光の利用料金に、なんと10%もdポイントが還元されるんです。

在宅の個人事業主の方で、スマホ&光通信の契約をされている方にはお得になる可能性があります。

【A8.net】 のセルフバックでdカード GOLDを申し込むと、800円プレゼントキャンペーン中です。

 

「運用」でdポイントを貯める

『日興フロッギー+docomo』では、dポイント100ポイントから株式投資を始めることができます。

貯まったdポイントを利用できるので、投資初心者の方でもトライしやすいです。

 

また『THEO+ docomo』では、dポイントと連携すると預かり資産額に応じてdポイントを貯めることができます(dポイントの投資ではありません。)

 

Pontaポイント(au経済圏)

Pontaポイントはロイヤリティマーケッティングが運営するポイントサービスです。

2020年5月に「au WALLETポイント」と統合され、auが提供する決済サービスにもPontaポイントが貯まるようになりました。

 

ではPontaポイント(au経済圏)とは具体的にどのようなサービスがあるのでしょう?

以下で解説します。

 

「毎日の買い物」でPontaポイントを貯める

毎日の買い物でPontaポイントを貯めることができます。

主なネットショップや店舗は次の通りです。

  • ネットショッピング:じゃらん、ホットペッパーグルメなど
  • コンビニ・スーパー:ローソン、ナチュラルローソンなど
  • ドラッグストア:トモズ
  • 飲食店:すき家、ココス、ピザハットなど

 

「スマホ」でPontaポイントを貯める

Pontaポイントはauと提携しています。

Pontaポイントは1ポイント=1円として、auの携帯利用料金・データチャージ・機種変更料などに利用できます。

 

「クレジットカード」利用でPontaポイントを貯める

Pontaポイントを貯めやすいクレジットカードは次の3枚あります。

  1. リクルートカード
  2. au PAYカード
  3. ローソンPontaプラス

それぞれの年会費や還元率は以下の通りです。

 

①リクルートカード

リクルートカードは年会費無料のクレジットカードです。

利用店舗を問わず常時1.2%還元されます。

還元されるポイントはリクルートポイントですが、Pontaポイントに即時交換できるので問題ありません。

ハピタスからリクルートカードを新規カード発行すると、4,000pプレゼントキャンペーン中です。

 

②au PAYカード

au PAYカードは年会費無料のクレジットカードです。

au PAYでは1.5%のPontaポイントが貯まり、一般加盟店でも1%還元なので、auユーザーにはおすすめのカードです。

 

③ローソンPontaプラス

ローソンPontaプラスは年会費無料のクレジットカードです。

ローソンでは1~2%の還元、ローソン以外で0.5%還元なので、ローソンをよく利用する方はおすすめです。

ハピタスからローソンPontaプラスを新規カード発行すると、1,000pプレゼントキャンペーン中です。

 

「運用」でPontaポイントを貯める

auカブコム証券は、Pontaポイント1ポイント=1円で投資信託の買付ができます。

またauカブコム証券で保有している投資信託の月間平均保有額に応じて、毎月Pontaポイントが貯まるプログラムもあります。

ハピタスからauカブコム証券を口座開設後、初回取引完了で、7,000pプレゼントキャンペーン中です。

 

LINEポイント(LINE経済圏)

LINEポイントはLINEアプリのサービスを利用することで獲得できるポイントのことです。

1ポイント=1円で換算され、利用できます。

 

ではLINEポイント(LINE経済圏)とは具体的にどのようなサービスがあるのでしょう?

以下で解説します。

 

「毎日の買い物」でLINEポイントを貯める

LINEポイントは、LINE経由で楽天市場やAmazonで買い物をすると貯められます。

また、LINEアプリ内の次のコンテンツでミッション達成してもLINEポイントが貯まります。

  • アプリで遊ぶ
  • 動画を見る
  • たくさん貯める

買い物でも、遊びながらでもLINEポイントを貯められるのは、楽しいですね!

 

「スマホ」でLINEポイントを貯める

現在、スマホ契約をしてLINEポイントを貯めることはできません。

ただし、保有しているLINEポイントは、LINEモバイルの月額基本利用料とユニバーサルサービス料金に充てることが出来ます。

 

「クレジットカード」利用でLINEポイントを貯める

LINEポイントが貯まるクレジットカードとして、『LINE Payクレジットカード』があります。

LINE PayクレジットカードはLINEと三井住友銀行が提携し発行したクレジットカードです。

年会費は初年度が無料で、2年目以降は年会費1,250円です

※年1回でも利用すれば、2年目以降も年会費は無料です。

また、還元率は初年度が3%と高還元となり、通常は還元率1%となります。

 

LINEポイントクラブでは、過去6か月のポイント獲得量に応じてポイント還元率が最大3%まで高くなります。

ハピタスからLINE Payクレジットカードを新規カード発行で、3,000pプレゼントキャンペーン中です。

 

「運用」でLINEポイントを貯める

現在、投資でLINEポイントを貯めることはできません。

ただし、LINE証券ではLINEポイント1ポイント=1円で投資を始められます。

1株数百円から始められるシンプルかつ自由な投資なので、投資初心者もトライしやすいです。

 

nanacoポイント(セブン経済圏)

nanacoポイントはnanacoカードまたはnanacoモバイルでの買い物に応じて貯まるポイントのことです。

基本的に200円=1ポイントが還元され、1ポイント=1円で換算されます。

 

ではnanacoポイント(セブン経済圏)とは具体的にどのようなサービスがあるのでしょう?

以下で解説します。

 

「毎日の買い物」でnanacoポイントを貯める

nanacoポイントは次の店舗で貯めることが出来ます。

  • セブンイレブン
  • イトーヨーカドー
  • nanacoマークのある全国各地の店舗

メインはセブンイレブンとイトーヨーカドーです。

近所にセブンイレブンやイトーヨーカドーがある方は、nanacoポイントを効果的に貯めることができます。

 

「スマホ」でnanacoポイントを貯める

あなたのお持ちのスマホにnanacoモバイルアプリをダウンロードすると、nanacoモバイルを利用することができます。

※現在はAndroidユーザーのみです。

買い物の支払いをnanacoモバイルで行うと、nanacoモバイル上でnanacoポイントを受け取ることが出来ます。

また、貯まったnanacoポイントを1ポイント=1円に交換して買い物ができます。

 

「クレジットカード」利用でnanacoポイントを貯める

nanacoポイントが貯まるクレジットカードとして、セブンカード・プラスがあります。

セブンカード・プラスでは、クレジット払いはもちろんnanacoへのチャージ(入金)でもnanacoポイントを貯めることができるんです。

それぞれのポイント還元率は次の通りです。

 

●クレジット払い

セブン&アイグループ対称点での買い物は、200円=2ポイント還元されます。

JCB、Visa加盟店での買い物は、200円=1ポイント還元されます。

 

●チャージ(入金)

nanacoにクレジットチャージまたはオートチャージでも200円=1ポイント還元されます。

【A8.net】 のセルフバックでセブンカード・プラスを申し込むと、2,250円プレゼントキャンペーン中です。

 

「運用」でnanacoポイントを貯める

nanacoポイントでのポイント運用には「おつりで投資トラノコ」が利用できます。

トラノコでは、毎日の買い物の「おつり」を最低5円から投資に回すことができます。

また、トラノコでnanacoIDを連携すると、毎月投資額にかかわらずnanacoポイントが貯まります

 

6つのポイント経済圏:まとめ

今回は6つのポイント経済圏について、5つの視点で解説しました。

あなたのライフスタイルに合ったポイント経済圏は見つかりましたでしょうか?

 

あなたのライフスタイルに合ったポイント経済圏がわかると、日常の買い物やスマホ利用、クレジットカード支払いや運用に対して、ポイントがザックザクと溜まっていきます。

ぜひこの記事を参考にあなたの生活に合ったポイント経済圏を決め、賢いポイント生活を送りましょう。

次の記事では、もっと詳しくポイント経済圏を解説しています。

ぜひ参考にしてくださいね!




-ポイント経済圏
-

© 2021 慎吾録 Powered by AFFINGER5