物販起業

BASE(ベイス)経験者がメリットもデメリットも馬鹿正直に伝えようじゃないか!

あなたはネットショップ作成サービスのBASE(ベイス)をご存じですか?

2020年頃からテレビCMやYouTube広告に力を入れているので、あなたも一度は観たことがあるんじゃないでしょうか。

 

僕は2016年頃にBASEでショップ作成して、音楽の楽曲販売をしていました。

この記事ではBASE経験5年以上の僕が、BASEの詳細やメリット・デメリットなどを馬鹿正直にお伝えしますね。

 

その前にまず、結論からお伝えします。

BASEはこのような方にオススメです。

結論】こんな方にオススメ

  • 初期費用・月額費用0円でネットショップを持ちたい
  • 自分だけのオリジナル商品を販売したい
  • 手軽にデジタルコンテンツを販売したい
  • 600万ダウンロードの専用アプリに商品を載せたい方

気になる方はぜひ、以下の記事を読んでくださいね。

->>BASEでショップを作成する

BASE(ベイス)って何なの?

BASE(ベイス) )』は、無料で簡単にネットショップを作成できるサービスです。

現在では100万店舗以上が出店されており、ネットショップ開設実績は4年連続1位になっています。

ネットショップ初心者や未経験の方でも安心してショップ作成できます。

 

では続いて、BASEをさらに掘り下げてメリットやデメリットを馬鹿正直にお伝えします。

->>もう結構!BASEでショップ作成してみる!

BASE(ベイス)のメリット一覧はこちら

まずはBASEのメリット一覧を以下にまとめます。

BASEは年々進化しているので、新しい項目もどんどん追加していきますね♪

  • 初期費用・月額利用が無料!
  • グッズの種類が豊富すぎる!
  • 受注生産とストックが選択可能
  • デジタルコンテンツを販売できる
  • 600万人が利用する専用アプリがある
  • (追加)SSLに無料で対応
  • (追加)Instagramと連携

以下で詳しく見ていきましょう♪

 

BASEは初期費用・月額利用が無料!

BASEはネットショップ作成にかかる初期費用・月額利用料が無料です。

タダであなただけのショップを持てるんです。

  • 初めてネットショップを持つ方
  • ランニングコストが気になる方
  • 自分だけのショップを持ってみたい方

こんな方はいますぐBASEでショップ作成しましょう。

->>早速BASEでショップ作成する

 

「そんなオイシイ話があるの?」

「無料だとBASEが潰れるじゃんw」

と思った、勘の良いあなた。

 

BASEは基本無料ですが、

商品販売の過程で『BASEかんたん決済手数料』と『サービス利用料』という料金が発生します。

  • BASEかんたん決済手数料(各注文ごとに)3.6%+40円
  • サービス利用料(各注文ごとに)3%

1,000円の商品を売ると、約100円の手数料が発生するというイメージですね。

 

BASEで作成できるグッズの種類が豊富!

BASEで作成できるグッズには10個のカテゴリーがあります。

  1. アクセサリー
  2. Tシャツ
  3. ファッション
  4. 各種ケース
  5. 日用品
  6. インテリア
  7. 文具
  8. イベント必需品
  9. アート

また2020年3月現在で、合計65種類の商品を作成できます。

あなたが作ってみたい商品があるかもしれません。

しっかり見てみてくださいね♪

 

BASEで作れる「アクセサリー」

  • アクリルキーホルダー
  • 缶バッジ
  • ステッカー
  • スマホリング
  • ICカードステッカー
  • アクリルバッジ
  • ピンバッジ

 

BASEで作れる「Tシャツ」

  • Tシャツ
  • Tシャツ(短納期)
  • カラーTシャツ(淡色)
  • カラーTシャツ(濃色)
  • ロングスリーブTシャツ
  • レディースTシャツ
  • フルグラフィックTシャツ
  • ラグランTシャツ
  • キッズTシャツ
  • Tシャツ(シルクスクリーン印刷)

 

BASEで作れる「ファッション」

  • パーカー
  • ジップパーカー
  • トートバッグ
  • サコッシュ
  • キャップ
  • ウインドブレーカー
  • スウェット
  • 缶バッジ
  • タイツ
  • 長傘

 

BASEで作れる「各種ケース」

  • 手帳型iPhoneケース
  • 手帳型iPhoneケース(ベルトなし)
  • 手帳型Androidケース
  • iPhoneケース
  • パスケース
  • 名刺入れ
  • レザー製名刺入れ

 

BASEで作れる「日用品」

  • ポーチ
  • ペンケース
  • マグカップ
  • モバイルバッテリー
  • タオル
  • メガネ拭き
  • タンブラー
  • 名刺入れ
  • レザー製名刺入れ
  • ブランケット

 

BASEで作れる「インテリア」

  • アクリルフィギュア
  • アクリルブロック
  • 抱き枕カバー
  • クッションカバー
  • 枕カバー
  • アクリル時計
  • アクリルスマホスタンド
  • ブランケット
  • タペストリー
  • ミニタペストリー
  • キャンバス
  • パネル
  • 卓上ミニ傘
  • 複製画(プリモアート)
  • 屏風

 

BASEで作れる「文具」

  • マスキングテープ
  • リングノート
  • クリアファイル
  • ポーチ
  • ペンケース
  • 下敷き
  • 印鑑ケース
  • 捺印マット

 

BASEで作れる「イベント必需品」

  • 名刺
  • アートプリント名刺
  • テーブルクロス
  • ポストカード
  • タペストリー
  • ミニタペストリー
  • ポスター
  • パネル

 

BASEで作れる「アート」

  • ポストカード
  • タペストリー
  • ミニタペストリー
  • ポスター
  • パネル
  • キャンバス
  • 複製画(プリモアート)

 

いかがでしたか?あなたのオリジナルの商品を作りたくなりませんか?

->>BASEであなただけのオリジナル商品を作る

 

受注生産とストックが選択可能

ネットショップ経験者なら「全員が感じたことがある不安」をお伝えします。

 

それは『商品が売れ残ったらどうしよう…』です。

つまり、在庫の心配です。

 

BASEはそんな在庫の心配さえも解消してくれます。

それが、BASE内のアプリケーション『pixivFACTORY』での受注生産です。

受注生産なので在庫の心配が全く無く、絶対に赤字になりません。

 

また、BASEは受注生産だけでなくストック販売も可能です。

売れ筋商品や売れる見込みがある商品は、まとめて生産して販売することも可能なんです。

 

デジタルコンテンツを販売できる

僕が音楽の楽曲販売をしていた時、BASEのデジタルコンテンツのダウンロード販売を利用していました。

 

BASEでは現物商品だけでなく、音楽データや写真データ、動画等の販売にも対応しています。

  • 現物商品だけ
  • デジタル商品だけ
  • 現物もデジタルも両方とも、

BASEならあなたの商品に合わせて、いろいろな選択肢が持てるんです。

 

600万人が利用する専用アプリがある

BASEには専用アプリがあります。

アプリのダウンロード数は600万ダウンロードを突破しています。

そしてあなたが商品を登録するたびに、ショップに自動表示されるんです。

 

日本全国で600万ダウンロードされたアプリに、あなたの商品が載るなんてなんだかワクワクしませんか?

->>BASEのメリットが分かったのでショップ作成に進む

 

では、BASEのデメリットは何なの?

以下でBASEのデメリットをお伝えします。大事なので絶対に読んでね♪

 

BASE(ベイス)のたった1つのデメリットとは?

上記でお伝えした通り、BASEはユーザーにとって非常に多くのメリットがあります。

では、BASEにデメリットはないのでしょうか?

 

1点だけあるんです。

BASEのデメリットは1点だけです。

ただ、この1点のデメリットが唯一にして最大のデメリットになります。

 

それは『集客力が弱い』ことです。

 

例えばメルカリやAmazonは、商品を出品すれば勝手に売れます。

その理由は、メルカリやAmazonというプラットフォーム自体が超有名なので、勝手にお客さんが来てくれるからです。

 

一方、あなたがBASEでショップを作成しても、お客さんはすぐには来てくれません。

理由は単純で、お客さんはあなたのショップの存在を知らないからです。

 

ではどうすれば、お客さんがあなたのショップを見てくれるのでしょう?

その答えはSEO対策です。

BASEにはAppsというSEO設定の項目があります。

ショップ作成して商品を登録したら必ず、AppsでSEO設定をしてください。

※SEO対策にはお客さんにクリックされやすいショップ作りが必要になります。

BASEでのSEO対策に活用できるSEO対策記事は下記『BASEまとめ』をご覧ください。

->>まずはBASEでショップ作成する

 

BASEまとめ(ブログSEOをBASEに活用する)

今回はBASEについてメリット・デメリットも含め、ご紹介しました。

改めてまとめると、BASE(ベイス)は月額費用もかからず、在庫のリスクも無いのが最大のメリットです。

デメリットとして、必ず『集客』という課題にぶつかりますが、ぜひ乗り越えていきましょう!

 




-物販起業
-

© 2021 慎吾録 Powered by AFFINGER5