お金の引き寄せ

お金が無くなって困る人は『パーキンソンの法則』を知ろう!【お金の引き寄せの改善】

稼いでも稼いでも、お金が無くなってしまう!

収入が増えたら、同時に支出も増えてしまう。

 

これは、お金あるあるですね!

 

この悩みを解決するために知っておきたいのは、【パーキンソンの法則】です。

パーキンソンの法則を知っておくべきなのは、次のような人です。

  • お金を稼いでも、預貯金が増えない人
  • お金を稼いだら、稼いだ分消費してしまう人
  • お金の引き寄せを改善したい人

また、これからお話しするパーキンソンの法則は、経営者でも自営業でもサラリーマンでも主婦でも活用できます。

ぜひあなたも、パーキンソンの法則をしっかり理解して、お金の引き寄せを改善しましょう!

 

★あなたがお金を貯められない理由とは?

なぜあなたは、会社の給料や自営で稼いだお金を貯められないのでしょうか?

 

その理由は、メンタルが弱いとか、お金に好かれていないからではありません。

人間には、パーキンソンの法則が働くからです。

 

例えば、パーキンソンの法則を知らないと、こうなります。

パーキンソンの法則を知らない人

●経営者(&自営業)

新しい事業が成功する。

⇒売上が増える。

⇒自然と、人件費や設備コストが増える。

利益(売上-コスト)は増えない。

 

●サラリーマン(&主婦)

会社で昇進する。

⇒給与が増える。

⇒給与が増えた分、支出も増える。

⇒預貯金(給与-支出)が増えない。

 

一方、パーキンソンの法則を知っていると、こうなります。

パーキンソンの法則を知っている人

●経営者(&自営業)

新しい事業が成功する。

⇒売上が増える。

必要な人件費や設備コストを明確にし、無駄を省く

利益(売上-コスト)が増える。

 

●サラリーマン(&主婦)

会社で昇進する。

⇒給与が増える。

お金の管理を明確にする。

預貯金(給与-支出)が増える。

あなたはどちらになりたいですか?

やはり後者ですよね?

では、パーキンソンの法則とは、具体的にどのような法則なのでしょう?

 

★パーキンソンの法則とは?

パーキンソンの法則とは、『人は、お金や時間を全て使ってしまう』という人間の習性のことです。

実際には以下のように内容です。

パーキンソンの法則は、英国の歴史学者・政治学者シリル・ノースコート・パーキンソンが1958年、著作『パーキンソンの法則:進歩の追求』で提唱した法則であり、以下の2つで構成される。

第1法則

仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する

第2法則

支出の額は、収入の額に達するまで膨張する

人は、お金だけでなく時間も、あればあるだけ使ってしまうということです。

では、第2法則の「お金」に関して、どのような対策をすればいいのでしょうか?

次の3つのポイントで解説します。

  1. お金を管理する
  2. 価値の序列を知る
  3. 感情のコントロール

あなたに人生に非常に重要なことなので、ひとつずつしっかりお読みください。

 

●お金の管理を徹底する

僕のメンター(師匠)である鎌田悠成さんが、無料メール講座で教えてくれました。

いくら稼ぐかは重要じゃない。

どう管理するかが全てです。

ってね。

 

これ、初めて聞いたときは、目から鱗でした。

 

例えば、年収1億円と聞くと、「絶対にお金に困らない人だ(*'▽')」だと思いますよね?

 

でも現実は、年収1億円を稼いでいても、お金の管理能力が無いが故、税金を支払うために銀行からお金を借りている人もいます。

年収1億円でも、お金の自由は全然ないですよね

 

逆に、月収18万円でも、毎月3万円の預貯金を欠かさない方もいます。

 

果たして、どちらがお金の管理能力があり、どちらがお金の自由があると思いますか?

そして、あなたはどちらの道を選ぶのでしょう?

 

 

●価値の序列を知る

価値の序列』という考えをご存じですか?

価値の序列とは、人生の8つの分野の「大切なものランキング」のようなものです。

 

人生の8つの分野とは以下のことです。

  1. お金・資産形成
  2. 仕事・キャリア
  3. 家族・パートナーシップ
  4. 人間関係・社交
  5. 美容・健康
  6. 知識・学習
  7. 精神性・スピリチュアル
  8. 娯楽

 

あなたの中で、「価値の序列」が高い分野は発展しやすく、逆に「価値の序列」が低い分野は衰退しやすくなっています。

 

もし、あなたの価値の序列トップ3に『お金・資産形成』が入っていなかったら、あなたが年収1億円稼いだとしても、資産形成には繋がりません。

 

例えば、あなたの価値の序列トップが「美容」の場合、美容にお金をつぎ込みますし、「娯楽」の場合は、旅行やギャンブルなどにお金を使いこみます

逆に上記の例で、月収18万円でも毎月3万円の預貯金が出来る人は、価値の序列のトップ3までに「お金・資産形成」が入っているので、順調に資産形成ができます

 

価値の序列について、詳しくは以下の記事をご覧ください。

 

 

●感情のコントロール

会社の経営者でも、自営業でも、サラリーマンでも、お金を稼ぐことだけを目的にビジネス(仕事)をすると、稼いだお金は自然と無くなっていきます。

 

これは一見、不思議な話ですけど、僕は明確な体感があります。

 

僕が朝9時~深夜3時まで仕事をしてたとき、収入はそこそこありましたが、全然お金は貯まりませんでした。

いま振り返ると、当時の僕は、「お金を稼ぐ=周りから僕の存在を認めてもらう」という、僕の承認欲求を満たすためだけの行動だったんです。

つまり、僕自身のメンタルを外的要因に依存していたので、感情のコントロールが出来ていなかったんです。

 

そのため例えば、ストレス発散のための競馬とか、機嫌とりの飲み会とか、無駄な買い物とか、余計な出費を重ねていきました。

 

あなたも、メンタルを埋めるためだけにお金稼ぎをしていると、遅かれ早かれ、稼いだお金は無くなります。

 

僕は、メンター(師匠)の鎌田悠成さんの無料メール講座で、自分自身と向き合い、徐々にメンタルのコントロールができるようになりました。

そして結果的に、お金の引き寄せも改善されてきているんです。

 

気になる方は、以下の記事よりメール講座の詳細をご確認ください。

 

 

★まとめ(お金の引き寄せの流れが好転します)

今回は、パーキンソンの法則についてお伝えしました。

参考になりましたでしょうか?

 

あなたがパーキンソンの法則を意識しない限り、あなたの収入がどれだけ増えようと、稼いだ分だけ支出も増えます。

必ず、パーキンソンの法則に対する3つの対策を活用してみてください。

 

結果的に、あなたのお金の引き寄せは改善されますよ♪

 

あなた自身の体感が全てなので、絶対やってみてね!

それでは!

お金の引き寄せが好転!

無料メール講座に今すぐ登録する

※登録はメールアドレスとお名前(名字)のみ




-お金の引き寄せ
-

© 2021 慎吾録 Powered by AFFINGER5