ポイント経済圏

ポイント運用・ポイント投資はどこで出来るの?初心者でもリスク0で少額から始めよう!

ポイント運用という投資方法をご存じですか?

 

楽天ポイントやTポイントといったポイントは、投資で運用することが出来ます。

この投資方法をポイント運用といいます。

 

ポイント運用では、貯まったポイントをお金として扱って投資することができるんです(例:1ポイント=1円で換算)

また、ポイント運用には次のようなメリットがあります。

  • 100ポイントから始められるので、敷居が低い
  • 貯まったポイントを運用するので、リスクが全くない
  • 実際のお金を投資ではないので、気軽に始められる

このように、ポイント運用は投資初心者でも気軽に始められるんです。

 

ちなみに僕は楽天ポイントを運用しています。

以下の図のように、楽天ポイントの一部を楽天証券のつみたてNISAに回しています(現在は金額を変えています)

このように貯まったポイントを運用することで、年間数万円の利益になることもあります。

 

では、現在あなたが貯めているポイントは、どのように運用すればいいのでしょう?

 

この記事では、あなたが貯めているポイントを基準に、ポイント運用できる証券会社をご紹介します。

最後までしっかり読んでいただいて、ポイント運用を成功させましょう!

楽天ポイントは「楽天証券」でポイント投資

楽天ポイントは、『->>楽天証券』で投資信託を購入できます。

楽天証券での投資信託は1ポイント=1円として、100ポイントから始められます。

 

また、楽天ポイントは投資信託だけでなく、積立投資やNISA・つみたてNISAにも対応しています。

※冒頭の画像では、つみたてNISAで楽天ポイントを利用しています。

 

楽天ポイントにはSPUという仕組みがあり、楽天グループのサービスを利用すればするほど、ポイントの還元率が上乗せされます。

※SPU:スーパー ポイントアップ プログラム

 

楽天証券で月1回、500円以上のポイント投資をすると、SPUが+1倍になります。

さらに他の楽天サービスと組み合わせるとSPUは最大+15倍になります。

 

SPUが+15倍の場合、ポイント還元率が16%(通常1%+SPU15%)になります。

もし10,000円の商品を購入すると、1,600ポイントが還元される計算です。

 

このように、楽天ポイントは非常に貯まりやすいんです。

楽天ポイントを楽天証券で運用する。

SPUが+1倍になるので、楽天ポイントが貯まりやすくなる。

貯まった楽天ポイントを、運用に回す。

このように楽天ポイントをうまく循環させ、ポイント投資を楽しみましょう!

 

Tポイントは「SBI証券」、「SBIネオモバイル証券」でポイント投資

Tポイントは、SBI証券とSBIネオモバイル証券で利用できます。

 

まずSBI証券では、Tポイントで投資信託を購入することができます。

Tポイントは、1ポイント=1円として換算されます。

 

次にSBIネオモバイル証券では、Tポイントで株式投資が可能になります。

Tポイントは1ポイント=1円として換算されます。

さらに、SBIネオモバイル証券では毎月200ポイントを期間固定Tポイントとして付与されます。

 

Tポイントで株式投資を始めたい方は【SBIネオモバイル証券】 を利用しましょう。

Tポイントで投資信託を始めたい方は【SBI証券】を利用しましょう。

あなたの運用方法に応じて、Tポイント運用を楽しみましょう!

dポイントは「日興フロッギー」でポイント投資

dポイントは、日興フロッギーで利用できます。

 

日興フロッギーでは、dポイントで投資信託を購入できます。

dポイントは1ポイント=1運用ポイントとして換算され、100ポイントという少額投資から始められます。

 

dポイントはdカードとの組み合わせや、毎日の買い物・外食でも非常に貯まりやすいポイントです。

あなたの毎日の出費がポイントに生まれ変わって、投資に回せるので非常に便利ですよね!

ぜひdポイントをフル活用して、ポイント投資を楽しみましょう。

 

Pontaポイントは「StockPoint for CONNECT」で投資

Pontaポイントは、StockPoint for CONNECTで利用できます。

 

StockPoint for CONNECTでは、Pontaポイントが1ポイント=1キャッシュポイントとして換算されます。

Pontaポイントはauユーザーの方やローソンなどで貯まりやすいです。

ぜひPonataポインを活用してポイント投資を楽しみましょう。

LINEポイントは「LINE証券」で投資

LINEポイントは、LINE証券で株式投資や投資信託を購入できます。

 

LINE証券では、LINEポイントを1ポイント=1円として換算されます。

  • LINEポイントの使い道がない
  • LINEポイントを有効に使いたい
  • LINEポイントで初めて投資を体験したい

このような方はぜひ、LINEポイントをフル活用して、LINE証券でポイント投資を始めませんか?

 

nanacoポイントは「トラノコ」で投資

nanacoポイントは、トラノコで利用できます。

 

トラノコでは、nanacoポイント5円分のポイントから投資信託を購入できます。

また、nanacoポイントは1ポイント=1円として換算されます。

  • 貯まったnanacoポイントの使い道がない。
  • nanacoポイントで、少額投資を始めたい。
  • リスクのない投資を始めたい。

このような方はぜひ、nanacoポイントをフル活用して、トラノコでポイント投資を始めませんか?

ポイント運用・ポイント投資はどこで始める?(まとめ)

今回は、あなたが貯めているポイントがどの証券会社に対応しているのか?をまとめました。

  • 初めて投資を経験したい
  • 少額で投資を始めたい
  • リスク0で投資を始めたい

このような方は、あなたが日常的に貯めているポイントでポイント投資を始めてみましょう。

ポイント投資は、実際のお金ではありません。

ぜひ、気軽に投資を始めてみてください。

それでは、あなたにライフスタイルに合ったポイント投資生活を楽しみましょう!




-ポイント経済圏
-

© 2021 慎吾録 Powered by AFFINGER5