セルフイメージ

セルフイメージを徹底的に下げる3つの方法とは?【自分の本音に嘘をつけ!】

セルフイメージを高めようと行動して、

逆にセルフイメージが下がってしまった。

あなたはこのような経験はありませんか?

 

「セルフイメージが下がる」とは、

  • 自分に自信が無くなる
  • 他人と比較して落ち込む
  • ネガティブ思考になる

このようなイメージです。

本記事ではセルフイメージを高めようとして、逆にセルフイメージが下がってしまう失敗例を、僕の経験談を交えてご紹介します。

僕の失敗談が、あなたのお役に立てればうれしいです。

【失敗談】セルフイメージが徹底的に下がった3つの失敗例とは?

まず最初に超重要な事実をお伝えします。

 

あなたのセルフイメージを下げる

最大の原因は、

あなたの本音に嘘をつくこと】です。

 

重要すぎるのでもう一度お伝えします。

セルフイメージを下げる最大の原因は、

本音に嘘をつくこと】です。

絶対忘れないでくださいね!

理由は以下のように、たくさんあります。

  • 自分に嘘をつくから
  • 自己愛が無くなるから
  • 自己否定が増えるから
  • 自己肯定感が低くなるから
  • 自分への信頼が無くなるから
  • 自分を認められなくなるから

以上のことを頭に入れた上で、

僕がセルフイメージを高めようとして

逆にセルフイメージを下げてしまった

3つの失敗例をご紹介します。

 

失敗例は以下の3つです。

  1. ポジティブ思考
  2. 間違ったアファメーション
  3. 他人との比較

1つずつ、わかりやすくお伝えしますね。

失敗例①:ポジティブ思考

世間でよく言われている

セルフイメージを高める方法の1つに、

ポジティブ思考(プラス思考)があります。

 

一見、ポジティブ思考になると、

セルフイメージが高くなりそうですよね?

 

でも僕は逆の可能性の方が高いと思います。

 

むしろ、

  • 思考がポジティブに偏る
  • 物事のポジティブな面しか見ない
  • 無理してポジティブ思考を取り入れる

という状態は「危険じゃね!?」とすら思っています。

理由は『自分の本音に嘘をついている可能性が高い』からです。

 

ポジティブ思考を最重要視すると、

イヤなものはイヤ!

辛い時に辛い!

キツいことにキツい!

と、正直に言えなくなりますよね。

これって『自分の本音に嘘をついている』ことになりませんか?

僕がポジティブ思考に偏っていた時、

本音『リボ払い地獄、苦しい…』

→偽の本音「いや、試練こそ楽しまなきゃ!」

と、偽の本音を大事にする。

 

本音『仕事がうまくいかなくて辛い』

→偽の本音「ぜ~んぜん大丈夫でしょ!」

と、本音に向き合わない。

 

本音『人生、キツイんだけど…』

→偽の本音「いや、楽しまなきゃ!」

と、本音を無視する。

このように、僕の本音から目を逸らしていました。

本当は苦しくて辛くてキツかったくせに。

ポジティブ思考を取り入れて

本音に嘘をつく(無視する)ことで、

結果的に、僕のセルフイメージは

ナイアガラの滝のように急降下しました。

 

失敗例②:間違ったアファメーション

アファメーションとは、

理想の自分になるために

ポジティブな自己暗示』をかけることです。

「人間の思い込みの力を利用して、なりたい理想の自分になる。」

アファメーションは自己啓発には欠かせない方法の1つです。

 

でも、アファメーションの方法を間違うと、セルフイメージが豪快に低くなってしまいます。

例えば、僕がアファメーションしたのは、

僕はらくらく月収100万円稼いでるぅ~。』とか

不労所得で、高級タワマンに住んでるぅ~。』とか

バカみたいな内容でした。

 

でね。

こんなアファメーションをしているとね。

 

僕の心の本音がボソッと呟くんです

 

『お前、何言ってんの?』

って(笑)

なにいってんの?』の7文字を、

僕の心の本音がボソボソボソッと呟き続けるんですよ(笑)

 

強烈な自己否定です(苦笑)

この心の呟きを詳しく解説すると、

全然月収100万円になってないやんww

不労所得?タワマン?馬鹿言うなwww

といった感じです。

 

理想と現実のギャップが大きすぎて、

自己否定が始まってしまい、

セルフイメージもガクンと下がってしまったんです。

 

 

失敗例③:他人との比較

  • 人生で1番好きなこと
  • 人生で1番譲れないもの
  • 人生で1番大事な価値観

100人いれば100人全員違います。

違いがあるのが人生です。

 

自分と他人の人生状況や

自分と他人の資産状況や

自分と他人の家族構成や

自分と他人の仕事内容や

自分と他人の健康状態など

比較する必要は全くありません。

 

自分と他人を比較して、

他人の良い部分ばかり見てしまうと、

それが苦しみの始まりの合図になります。

 

僕は人の良い部分が見えてしまって、

ついつい比較してしまう

(=自分を低く見積もってしまう)

思考のクセがありました。

音楽事業のときは、売れてる人と比較してネガる。

ネット事業を始めると、年収1000万すげぇな~と羨む。

成功者を知ると、自分を低く見てしまう。

こんな感じでセルフイメージが低空飛行していました(苦笑)

他人と比較するヒマがあれば、

僕自身の本音に耳を傾けるべきでした。

 

セルフイメージに「他人との比較」というモノサシは絶対不要です。

まとめ(あなたに一番お伝えしたいこと)

今回は「セルフイメージを高めようと行動して、逆にセルフイメージが下がってしまった失敗例」を僕の経験談を交えてお伝えしました。

僕と同じ失敗をしないためにも、ぜひ参考にしてください。

 

最後に、あなたに一番お伝えしたいことをまとめます。

あなたのセルフイメージを下げる最大の原因はこれ↓↓です。

自分の本音に嘘をつくこと

逆に言えば、

あなたの本音の声を聞いて

本音にしっかり気付いて、

本音に心から寄り添って、

本音に向き合ってあげると、

あなたのセルフイメージはぐんぐん高くなります。

 

無理してポジティブ思考になる必要はありません。

あなた以外の誰かになる必要はありません。

誰かと比較するなんて、もっての外です。

 

ぜひ、あなたの心の本音に耳を傾けてください。

 




-セルフイメージ
-

© 2021 慎吾録 Powered by AFFINGER5