セルフイメージ

【セルフイメージは高めない!】ボトムアップで、本当の自分を愛する方法とは?

セルフイメージを高くしないと、あなたは成功できません!

幸せになるために、頑張ってセルフイメージを高めましょう!

 

あなたは、自己啓発系の本やネット情報やYouTube動画で、このような話を聞いたことはありますか?

 

これ、、、実は「嘘」なので絶対に無視しましょう。

 

この嘘に気付かず、セルフイメージを高めようと努力してしまうと、結果的に、

  • なんで自分には出来ないんだろう…
  • こんなに頑張ってるのに…
  • やっぱり自分はダメなんだ…

と、マリアナ海溝のように深い「理想と現実のギャップ」に悩み、人生がどんどん苦しくなっていきます。

 

では、セルフイメージを高めるにはどうすればいいのでしょう?

 

結論から先にお伝えしますね。

 

セルフイメージは高めるのではなく、ボトムアップするんです。

セルフイメージをボトムアップするメリットを3つあげると、以下の通りです。

  • ブレない自分軸が出来上がる
  • 他人の評価が気にならなくなる
  • 自己愛が高くなる

とにかくメリットしかないです!

 

ということで今回は、『セルフイメージをボトムアップする』の意味と、『セルフイメージをボトムアップする方法』を僕の実例を交えてお伝えします。

最後までしっかりお読みください。

 

★『セルフイメージをボトムアップする』の意味とは?

セルフイメージをボトムアップするとは、一体どんな意味なんでしょう?

 

まず最初に、『セルフイメージ』とは、「自分が自分自身のことをどう思っているのか?」という自分像のことです。

続いて、『ボトムアップ』とは、「底上げする」とか「土台を固める」といった意味です。

 

つまり、『セルフイメージのボトムアップ』とは、自分像の底上げ自分像の土台を固めるといった意味になります。

 

って言われても、よく分らんですよね(笑)

 

では分かりやすく、セルフイメージを「家」で例えます。

家の建物部分は、あなたの収入や地位や仕事の成果など、あなたが手に入れたものです。

家の土台は、あなたの思考や感情や経験といった、あなた自身のことです。

 

家なので、例え、あなたが3階建ての立派な豪邸を建てたとしても、土台がしっかり固まっていなかったら、『震度2の地震』でも崩れ去ってしまうんです。

 

テレビでよく特集される「消えた芸能人」とか「消えた天才サッカー少年」などは、非常にイメージしやすいのではないでしょうか?

彼ら/彼女たちは、まだ土台が固まっていないのに、周りの人間に持ち上げられ、建物部分は大きくなったけど、土台が脆弱でグニャグニャだったので、何かのキッカケで崩れ去ってしまったんです。

 

建物部分なんて、所詮は「見せかけなんです。

だから、セルフイメージは最初から高めるのではなく、ボトムアップから始めるべきなんです。

 

伝わりましたでしょうか?

 

★セルフイメージをボトムアップする方法とは?

それでは続いて、セルフイメージをボトムアップする方法をお伝えします。

 

その方法とは、『自分の負の部分を"良し!"とする』だけです。

 

え、何?って思いました?(笑)

 

では、表現を変えてお伝えします。

 

  • あなたは、あなたの負の部分は好きですか?
  • あなたは、あなたのネガティブな部分を認めていますか?
  • あなたは、あなたのクソッたれな部分を愛していますか?

 

多くの人は、親や他人から褒められた部分や、勝ち取った地位・名声、苦労して手に入れた収入など、自分のポジティブなところのみ、好きで認めて愛しています。

逆に、親や他人から否定された部分や、他人と比べて劣る地位・名声や収入面などは、嫌いで否定して認めていないんです。

 

ボトムアップとは、あなたの嫌い否定して認めていない部分を"良し"とするんです。

 

以下に、僕の実例を交えてご説明しますね。

 

●僕がセルフイメージをボトムアップした実例

僕は2016~2017年頃、「人生オワタ」状態でした。

このとき、メンター(師匠)の鎌田悠成さんの無料メール講座で、本記事の『セルフイメージのボトムアップ』という人生の知恵を教わりました。

 

 

それまでは、僕自身のダメでクソッたれな部分を認められず、他人に隠して、あたかも僕が「凄い人/できる人/完璧な人」のように振舞っていました。

 

本当はどうしようもないダメ人間なのにね(笑)

 

例えば、僕には、

  • 結構ビビりで変化が苦手なところ
  • でも、プライドが高いところ
  • 感情の起伏が激しいところ
  • 感情が顔に出すぎるところ
  • 何事も中途半端で終わるところ
  • 5人以上の集団になると、気配を消すところ
  • 自分から発信するのが苦手なところ

などなどがあって、割とダメ人間要素強めです(笑)

 

でもね、、、これが僕なんです。

 

変えようとしても変わらないです。

 

だって、これが僕だから。

 

だからこそ、「そんな僕でも"良し!"」としちゃったんです。

 

「オレって、意外にビビりだけど、しょうーがないなー(笑)」

「オレってプライド高くて、どうしよーもねーなぁ(笑)」

「オレって5人以上の集団だと気配消すところ、、、あるよね~(笑)」

こんな感じでね、自分の中の負の自分と仲直りしたんです。

 

だってさぁ、、、

僕が僕自身の最高のパートナーで、

僕自身の最大のファンで、

僕の最高の理解者でいてあげないと

 

僕の中の「僕」が可哀そうじゃないですか?

 

僕の中の「僕」とは、サッカーの本田圭佑選手がACミラン入団会見で言ってた、リトル本田みたいな存在ですよ(笑)

言い換えると、僕の潜在意識みたいな存在です。

 

ダメ人間でもいいじゃん!

クソッたれでもいいじゃん!

これが僕なんだから、何も問題なし!

当時の僕はこのように、自分に語り掛けて、セルフイメージのボトムアップをしていました。

 

何となく、伝わりましたでしょうか?

 

★まとめ(人生が楽ちんに)

今回は、セルフイメージをボトムアップする意味と方法をお伝えしました。

参考になりましたでしょうか?

 

自分のダメなところやクソッたれなところを認めて愛すると、本当に人生が楽ちんになります。

冒頭でお伝えしたセルフイメージをボトムアップするメリットを再度お伝えしますね。

  • ブレない自分軸が出来上がる
  • 他人の評価が気にならなくなる
  • 自己愛が高くなる

 

例えば僕は、他人に「慎吾ってさー、5人以上の集団では気配消すよね?もっと存在感出せば?(笑)」とバカにされても何とも思いません。

だって、僕はそういう人間なんで(笑)

 

親に「あんた、感情が顔に出すぎよ!」と言われても、

「えぇ、それが僕だから。」

としか思いません。

 

自分軸が全くブレないし、他人の評価も気にならないから、結果的に自己愛がどんどん高くなるんですよ。

 

鬼の首取ったように僕を否定するけど、それって、すでに認めてることだから(笑)

という感覚です。

 

楽ちんですよ、本当に。

 

あなたも、『セルフイメージのボトムアップ』をしてみてください。

その先に、きっと楽ちん人生が待っています。

だって、こんな僕でも、楽ちん人生になったんだから。

 




-セルフイメージ
-

© 2021 慎吾録 Powered by AFFINGER5