メンタルの進化

【野生のカマス?惰性のカマス?】あなたはどっち!?とあるカマスの物語

あなたは本能全開で生きていますか?

それとも縮こまって生きていますか?

 

そもそも、どっちの人生になりたいですか?

 

オレは本能全開で生きたいっす!
では、いまのあなたは本能全開で生きてますか?
え?は?う~~~ん、、、わからないっす!

本記事では、そんなあなたに「野生のカマス」のお話しをご紹介します。

 

人間に置き換えると、、、

  • 私には幸せな結婚なんて出来ない!
  • 僕には月収100万円稼ぐなんて不可能!
  • 夢なんて叶わない。てか夢ってなんだっけ??

特に、このような思考の枠に納まってしまった方。

カマスさんの物語をご覧ください。

カマスって何やねん!?カマスの実験とは?

「カマス」とは海に生息する獰猛な魚です。

困ったときの味方「ウィキペディア」では、カマスは次のように説明されています。

カマスの食性は魚食性で、イワシなど他の魚類を貪欲に捕食する。ヒトに対して攻撃性を示す魚類の一つであり、一部の地域ではサメよりも危険な存在と捉えられている

カマスは人間にも攻撃性を示す、サメよりもデンジャラスな獰猛な魚らしいです。

 

エサの魚を見つけようものなら、

ひな壇芸人のように

俺が俺が!」と

速攻で食らいつきます。

 

そんな獰猛なカマスで、とある実験が行われました(らしい)

実験内容は次の通りです。

カマスを水槽の右側、小魚を水槽の左側に入れます。

水槽の中央に透明なガラス板を入れて、カマスと小魚を仕切ります。

 

さあ、カマスはどんな行動をとるでしょう?

 

カマスは小魚を見るやいなや、ひな壇芸人のように猛然と突進します!

 

カマス『うぉっしゃ!小魚いただき!!パクッ!

 

と、思いきや。。。

 

カマスはガラス板に衝突してしまいます。

 

カマスはその後も、何度も何度も小魚に向かって突進します。

ですが、その都度ガラス板にぶつかり、一向に小魚を食べられません。

 

さあ、獰猛なカマスはこの後、どうなったでしょう?

 

「惰性のカマス」の出来上がり!

あなたならどう思いますか?

カマスは何度も何度も小魚に向かいますが、1回も小魚を食べられません。

しかも何故か、痛いんですw(ガラス板にぶつかるから)

 

獰猛なひな壇芸人のようなカマスは、こんな心情の変化がありました。

 

カマス『あかん、無理。どうせ食えん。もう、や~めた。

 

さぞ苦しかったでしょう。

挫折だらけの人生(魚生)です。

望みは、叶わない。

これがカマスにとっての現実です。

 

さらに実験は続きます。

 

カマスと小魚を隔てていた、水槽のガラス板を取り出しました。

するとカマスはどんな反応を示したでしょう?

 

小魚がカマスの目の前を泳ぎます。

 

さあチャンスだ!食べろ、カマス!

 

 

 

カマス『(´_ゝ`)

 

 

 

驚くことにカマスは、目の前の小魚を食べようとしませんでした。

  • 『ど~せ食えん。無理でしょ。』
  • 『ど~せまた痛い目に逢うんでしょ。』
  • 『小魚?何それ?それって食い物?』

カマスの実験の結果、惰性のカマスが出来上がってしまいました。

惰性のカマスとは、さんまさんの優しいフリにも無反応な無気力芸人のようなものです。

 

さらに、カマスの実験はまだ続きます。

 

「野生のカマス」に戻れ!

惰性のカマスはこの後どうなったでしょう?

一生、小魚を食べないのでしょうか?

むしろ、どうやったら小魚を食べてくれるのでしょう?

 

答えは実験の続きで明らかになります。

実験はこうです。

惰性のカマスと同じ水槽に、活きの良い別のカマスを入れたんです。

 

このカマスは活きの良い、チャンスに飢えてる若手芸人のようなものです。

 

カマスは小魚を見つけるや否や、猛突進します!

 

うらぁぁぁパクッ!

 

うらららぁぁぁ!パクッ!

 

パクッ!パクッ!パクッ!

 

惰性のカマスはその光景を目の当たりにします。

惰性のカマスにとっては、新しいカマスは少し前の自分と同じ姿です。

惰性のカマスに、忘れていた芸人魂が復活します。

惰性のカマス「あれ!あのカマス、小魚食っとるじゃん!」

惰性のカマス「あれ、そういや俺も昔は、、、」

惰性のカマス「よしっ!やったるぜ!」

惰性のカマスはかつての獰猛さを取り戻し、「野生のカマス」へと戻りました。

 

カマス「やっぱ、魚うめぇぇぇ!!!」

 

カマスがこんな感想を言っていたかは不明である。

まとめ(カマスの実験って結局、何が言いたいの?)

僕はカマスの実験を、誰が何の目的で本当に行われたのか知りません(ドーーーン!)

でもカマスの実験で言いたいこと、伝えたいことは、僕なりに解釈してお伝え出来ます。

 

それは『あなた本来の生き方を取り戻して!』ってことです。

 

カマスはもともと小魚を食べたい欲求があります。

ですが何度も何度も失敗し、挫折し続けます。

その結果、小魚を食べる欲求そのものを失ってしまったんです。

 

「野生のカマス➡惰性のカマス」の出来上がりです。

 

このカマスの変化で一番怖いのは、カマスが無意識で小魚食べるの無理!』と感じているところです。

 

あなたにも心当たりはありませんか?
  • 希望は叶わないものでしょ。
  • 夢は実現しないっしょ。
  • 自分の可能性、何もねーよ。

知らず知らずの間に、このような思考回路になっていませんか?

本当はあなたは出来るのに。

本当のあなたは可能性の塊なのに。

本当はあなたには叶えたい夢があったのに。

 

あなたは惰性のカマスですか?

それとも野生のカマスですか?

どっちの人生を歩みますか?

 




-メンタルの進化
-

© 2021 慎吾録 Powered by AFFINGER5