ビジネスとは?

【TTPって何!?】ビジネスもお料理も、最短最速で結果が欲しい人は見てね♪

ビジネスの成功も人生の好転も「TTP」が楽ちんよ♪

「最速でビジネス成功したい!」

「最短で幸せな人生になりたい!」

「遠回りはイヤだ!」

ビジネスでも人生でも、最短最速で成功したい(=結果が欲しい)なら、TTPすることを絶対的にオススメします。

 

え?TTPって何?

 

ご安心ください。

本記事ではTTPの解説や実例について、詳しくご紹介します。

最後までしっかり読んで、あなたもTTPして最短最速の成功を目指しましょう。

 

ビジネス成功の大原則

最短・最速・リスク0の起業法とは?

合計11万円分の教材を無料プレゼント

1日3時間労働で年商1億円達成した人の成功法とは?

「その問題は解決せんでええ」ってどういう考え方?

TTP=守破離の守?

『守破離』こそが、成功への最短ルート!メンターとの関係の注意点も!

 

【TTP】って何!?

結論からお伝えします。

TTPの意味は以下の通りです。

TETTEI (徹底)

TEKINI(的に)

PAKURU(パクる)

おわかりいただけたでしょうか?

TTPとは【徹底的にパクる】の頭文字をとった言葉です。

 

TTPはあらゆる分野で活用できます。

  • ビジネス・仕事の世界でも
  • スポーツの世界でも
  • 資産形成の世界でも
  • 投資の世界でも
  • スピリチュアルの世界でも
  • 人生の幸せの追求でも

最短最速で結果を出している人は、必ずと言っていいほどTTPしています。

 

では、なぜTTPが最短最速で結果を出すのに必要なのでしょう?

以下で、TTPが必要な理由や正しい活用法のコツをお伝えします。

 

なぜ最短最速の成功にTTPが必要なのか?

結論はこうです。

全ての分野に必ず、成功するために必要な方法があるからです。

 

具体的にお伝えしますね。

例えば、僕は料理が出来ません。

 

そんな僕が『いますぐ、美味しいロールキャベツを作りなさい!さもなきゃ財産を没収する!』という謎の指令を受けたら、困りますよね?

ロールキャベツの材料や調味料もわからないので、買い物も出来ません(笑)

そんなとき僕の近くに美味しいロールキャベツを作れる人がいたら、

 

助けてください!美味しいロールキャベツを作らないと、僕の財産が…!!!

 

と、土下座してでも頼みますよね?

美味しいロールキャベツを作れる人とは、

僕が欲しい結果を得る方法を知っている人です。

そして僕は美味しいロールキャベツを作る方法を教わって、方法を徹底的にパクります。

 

これがTTPなんです。

でも実際、最短最速で成功するのに必要な方法だと思いませんか?

 

TTPの正しい活用法とは?

TTPって、一見すると簡単そうに見えますよね?

でも実際いは、TTPには正しい活用法や絶対に注意すべきコツがあります。

以下の2点を、必ず心に留めておいてください。

 

①誰からTTPするの?

TTPの正しい活用法の1つとして重要なのは、『誰からTTPするか?』ということです。

  • あなたがビジネスで成功したかろうが
  • あなたが資産形成で成功したかろうが
  • あなたが人生好転したかろうが、
  • あなたがスポーツで結果を出したかろうが
  • あなたが資産形成を成功したかろうが
  • あなたが料理をうまく作りたかろうが

あなたが徹底的にパクりたいと思う対象の人は、

あなたが本当に欲しい結果を出している人ですか?

 

あなたが年収1億円になりたかったら、

年収1億円になれた人から教わりましょう。

あなたが10キロダイエットしたかったら、

10キロダイエット成功している指導者から学びましょう。

あなたが正しい発声法を学びたかったら、

正しい発声が出来る人から学びましょう。

 

誰から学ぶか?

誰から教わるか?

誰からパクるか?

誰から】というのが、あなたの今後の成功のカギを握っています。

 

あわせて読みたい

1日3時間労働で年商2.5億円を達成した敏腕経営者の無料セミナー動画

合計11万円分の教材を無料プレゼントはこちら

 

②それ、本当にTTPしてる?

それ、本当にTTPしてる?

これは意外に盲点です。

 

「TTPしたぜ!」という人の99%は、TTPできていません。

つまり、、、

徹底的に』パクってないんです。

 

ほとんどの人はうわべだけをパクって、

すぐに自己流に切り替えたり、

すぐに学ぶのを止めたり、

すぐにTTPを止めます。

 

これはTTPとは言えません。

別の言葉で『守破離』という言葉がありますが、

"守(=TTP)"をやり切る前に、破➡離と進んでしまうんです。

この場合、一瞬だけ成功したとしても、すぐに結果が出なくなります。

だって成功の基礎がみについていないんだから。

 

それ、本当にTTPしてる?

 

ぜひ、あなたの心に留めておいてください。

 

 

慎吾流TTPの実例とは?

①受験勉強

僕が高校受験で広島の進学校へ、大学受験で横浜国立大学へ進学できたのは、TTPしたからです。

TTPの相手は、塾や予備校の先生や僕より成績の良い友達などです。

 

僕は塾や予備校で学ぶ姿勢を持っていた時は、グンッと成績があがります。

逆に調子に乗って、自己流の勉強を始めると成績が下がります。

わかりやすい奴なんです(笑)

 

②音楽の仕事

僕が敬愛するB'zの松本さんは仰ってます。

「ギターが上手くなるには、まずは徹底的にコピー(真似)すること

「コピーしまくった先に、自分のオリジナルが確立される

 

茶道や武道の世界の守破離と同じことですが、

  • 守=基礎練習&忠実なコピー
  • 破=忠実なコピーから脱却し、自己流を織り交ぜる
  • 離=自分流の弾き方とかプレースタイルの確立

こんな感じですかね。

 

僕が自分で音楽活動してたり、作詞作曲編曲の仕事をしていたときも同じです。

まずは、目指すアーティストの楽曲をコピーしました。

 

マジで徹底的にコピーしました。

そのうち自己流のアレンジが確立されてきて、オリジナリティができてくるって感じでした。

TTPのおかげでお金を稼げてたので、間違ってなかったはずです。

 

③せどり

僕が音楽を辞めてせどりを始めたころ、最初は全然結果が出ませんでした。

完全に自己流で始めましたから…

 

でも『こりゃまずいな』と感じてた僕は、ウン十万払ってせどりのコンサルを受けました。

その結果、すぐに利益がでるようになりました。

コンサルの講師の方のやることをTTPしただけなんですけどね。

 

もちろんコンサルを受けなくても、続けていれば結果は出てたと思います。

でも重要なのは【最短最速】で結果を出すことです。

 

最短最速で結果を出すには、すでに欲しい結果を出してる人からTTPすることなんです。

 

まとめ

今回は最短最速で結果を手に入れるため方法【=TTP】についてお伝えしました。

いかがだったでしょうか?

もしあなたが最短最速で欲しい結果を手に入れたいなら、ぜひTTPしてください。

 

 




-ビジネスとは?
-

© 2021 慎吾録 Powered by AFFINGER5