副業

【ココナラ】1日7人応募された公開依頼とは?【絶対に依頼されない提案文も公開】

「ココナラの公開依頼で、ワーカーからの提案が少ない。

「ココナラの公開依頼で、なかなか仕事を依頼されない。

このような、ココナラの「公開依頼」の悩みにお答えします。

 

あなたが公開依頼する方でも

公開依頼に提案するワーカーでも

今回の記事は以下のようなメリットがあります。

公開依頼する人のメリット

  • 失敗しない公開依頼の方法
  • 1日で7人集めた具体的な依頼文(パクってOKです)
  • ワーカーを選ぶポイント(実際の提案を検証)

提案するワーカーのメリット

  • 失敗しない提案文を書くポイント
  • クライアントがワーカーを選ぶポイント(実際の提案を検証)

今回の記事を読んで、ココナラの公開依頼を最大限活用していただければ幸いです。

->>ココナラ公式サイトはこちら

ココナラとは?

ココナラとは、個人のスキルや得意を売り買いするスキルマーケットです。

  • 「ロゴを作ってほしい」
  • 「YouTubeの動画を編集して欲しい」
  • 「今年の運勢を占って欲しい」

といった、あなたの願いを叶えてくれる「そのジャンルのプロ」が見つかるんです。

 

また、カテゴリーは以下のように多岐に渡ります。

  • イラスト、アイコン、似顔絵、ロゴ制作
  • Webサイト制作、動画編集、プログラミング
  • 占い、鑑定
  • 結婚、恋愛、子育て相談
  • 美容、ビューティー
  • 暮らし、マネー、住宅
  • 心の悩み、健康
  • ビジネス、スキルアップ
  • アフィリエイト、副業

 

ココナラの公開依頼とは?

ココナラで仕事を依頼する方法は2通りあります。

  1. サービスの出品者へ「直接依頼」する方法
  2. 「公開依頼」で多くのワーカーを募る方法

 

『公開依頼』とはサービス出品者に、あなたの条件に合う価格やサービスが無かった場合に利用できます。

あなたが依頼内容・価格・条件などを決めて募集し、ワーカーが応募するという形になります。

 

では続いて、ココナラで公開依頼する際の「公開依頼する人のポイント」「提案するワーカーのポイント」をお伝えします。

 

ココナラで『公開依頼』する人のポイント

失敗しない『公開依頼』とは?

ココナラの公開依頼で失敗しないための、2つの重要なポイントがあります。

  1. 依頼内容を細かく丁寧にお伝えする
  2. 金額を安くしすぎない(適正価格で!)

それぞれ詳しく解説しますね。

 

1.公開依頼の内容を細かく丁寧にお伝えする

仕事のやり取りで一番揉める原因は、お互いのコミュニケーションです。

特にココナラはお互いの顔が見えず、基本的に文章だけのやり取りになります。

 

なので、あなたが公開依頼する文章で

  • どんなワーカーさんを求めているのか?
  • ワーカーさんの仕事のゴールはどこなのか?

あらかじめ文章できっちり伝える必要があります。

 

2.金額を安くしすぎない(適正価格で!)

これは僕の持論なので、無視しても結構ですよ。

 

仕事のジャンルによって、適正価格が必ずあります。

適正価格より安すぎる依頼をした結果、納品される成果物は「絶対にあなたが満足できるものは無い」です。

 

例えば、

  • 30,000円でHP制作とか
  • 10,000円で作詞・作曲とか
  • 1,000円でイラスト・ロゴ制作とか

このような依頼をするのは、ワーカーに失礼だと思っています。

もし、ワーカーが決まっても、成果物に満足しない未来が見えますからね。。。

 

1日で7人集めた『公開依頼』とは?

こちらでは1日(厳密には15時間くらい)で7人の応募を集めた『公開依頼』をご紹介します。

ぜひパクって、あなたの依頼に合わせて改良してください。

【500円/1000文字以上】ココナラ初心者・未経験の方向けのココナラ紹介記事作成

 

■依頼概要

当方のブログ読者にココナラを紹介したく記事作成をお願いいたします。

 

■ターゲット

ココナラ初心者やココナラ未経験の方

 

■記事の内容

《概要》ココナラとは?

 ┗ココナラの特徴、仕事の形式、登録方法、手数料など

《比較》他のクラウドソーシングとの登録者数・案件・手数料などの比較

 ┗ランサーズ、クラウドワークス

《受注のコツ》未経験や初心者の方が初めて仕事を受注するコツ

その他、ココナラ初心者やココナラ未経験の方へ向けた内容であれば自由に書いていただきたいです。

 

■記事タイトル

こちらで作成いたします。

 

■画像について

特に必要ございません。

 

■報酬

500円で固定とさせていただきます。

 

■記事の修正等

納品いただいた記事は当方ブログ掲載の際、言い回しなどを修正させていただく場合がございます。

あらかじめご了承ください。

 

■納品方法について

納品は、Word(docx)・メモ帳(txt)とさせていただきます。

 

■ご不明点

何かご不明点がございましたら、お気軽にお問合せください。

たくさんのご応募、お待ちしております。

よろしくお願いいたします。

ワーカーが何をテーマに、どんな文章を書けばいいのか、ハッキリお伝えしています。

このテーマの依頼内容で、たった1,000文字以上なので、金額は500円で妥当です。

->>ココナラで公開依頼してみる

ココナラで『公開依頼』に応募するワーカーのポイント

失敗しない提案文を書くポイントとは?

ワーカーさんにとって、公開依頼への提案が失敗しないための2つの重要なポイントがあります。

  1. 提案内容を細かく丁寧にお伝えする
  2. 提案は営業!

それぞれ詳しく解説します。

 

1.提案内容を細かく丁寧にお伝えする

ココナラの提案は、文章でのコミュニケーションです。

自分(ワーカーさん)には何が出来てどんな実績があって、依頼者にどんなメリットがあるのかをしっかりお伝えしましょう。

 

2.提案は営業!

あなたの提案はクライアントへの営業です。

SNSのコミュニケーションのようなノリは絶対やめましょう。

当たり前のことですが……

 

では、実際にあった提案文を解剖していきましょう。

クライアントがワーカーを選ぶポイントが伝われば嬉しいです。

 

「実際の提案を解剖!」仕事を依頼されるワーカーとは?

先ほどの公開依頼を見て、7人のワーカーさんが提案してくれました。

その中で、特徴的な提案文を以下の3パターンに分けてお伝えします。

  1. 「論外」パターン
  2. 「お前誰やねん!」パターン
  3. 「しっかり読め!」パターン
  4. 「仕事を依頼される」パターン

あなたの提案と比べてみてください。

 

「論外」パターン

『仕事依頼する人の気持ちを逆なでしてますねw』

この方の「販売実績0」が示すように、誰もこの方には仕事を頼まないでしょう。

 

この人の提案を改善してみる

クライアントがこの人に仕事を依頼するメリットを伝える必要があります。

「なぜ、あなたの文章に3,000円払う価値があるのか?」

実績や過去のサンプルの提示は最低限必要です。

さらに、この人に仕事を依頼すると、『クライアントにどんな素晴らしい未来が待っているのか』文章で伝えなければいけませんね。

 

「しっかりしろ!」パターン

『よろしくお願い致します。って言われてもww』

この方は販売実績はあるようですが、仕事を依頼する判断材料がわからないですね。

 

この人の提案を改善してみる

実績やサンプルの提示は必須でしょうね。

加えて、ビジネス文章(厳密でなくても)での提案文でないと、クライアントは依頼する気にならないですね。

依頼内容は「記事作成」なので、しっかりとした文章を書ける人を選びます。

 

「しっかり読め!」パターン

『依頼文を読むことから始めましょう!』

この方はこちらの依頼文をちゃんと読まずに提案してきたみたいですね。

 

この人の提案を改善してみる

依頼内容をちゃんと読みましょう。話はそこからだ。

 

「仕事を依頼される」パターン

この方の提案文(と実績)を見て、僕は仕事の依頼をしました。

この方を選んだポイントは3つあります。

 

①しっかりしたビジネス文章

〇〇様

はじめまして、△△と申します。

第一印象が「しっかりしている方だな~」という印象ですよね。

※文章でも対面でも、最初の印象が大事です。

 

②発注者に対してのメリット

普段は1000字程度は2000円前後でお引き受けしておりますが、~~500円でお引き受けいたします。

発注者側の予算事情も考慮したうえでの文章なので、あまり嫌味を感じませんよね。

きっとこの人は文字単価2円で仕事しているんでしょう(たぶんビジネス的な嘘ですけどね。)

 

③過去の実績(サンプル)の提示

ここはかなり重要な要素です。

もしご希望でしたら、これまでのクライアント様にご提供した記事をサンプルとしてお送りすることも可能です。

販売実績がある方もない方も、発注者にサンプルを提示することはとても重要です。

仕事の発注者にとっても、ワーカーの実績やサンプルが安心材料につながります

 

結果的にこの方に仕事を依頼しました。

->>ココナラで公開依頼するならこちらからどうぞ

まとめ(納品された記事もご紹介)

今回は、ココナラの公開依頼に関する悩みについてご紹介しました。

「公開依頼する人」も「提案するワーカー」にとっても、役に立つ内容だったのではないでしょうか?

 

この記事を参考に、あなたもココナラの公開依頼を最大限活用しましょう。

あなたとワーカーさんとの仕事が、充実した素晴らしいものになるよう願っております。

 

 

 

ココナラの利用はこちらから

今すぐ無料登録する




-副業
-

© 2021 慎吾録 Powered by AFFINGER5